オススメ:動画編集は低価格でもOK!おすすめノートパソコン10選【2022年版】

おすすめ記事

GoProの撮影データで動画編集するのにおすすめのパソコン6選

※2022年11月に更新しました

Goproを購入したのはよいものの、パソコンのスペックが低くて動画編集できない方もおられるのではないでしょうか?

Goproはアクションカムとして有名ですが、いち早く4K撮影に対応したカメラのため古いバージョンでも画質はかなり良いです。

そして解像度の高い映像をハイフレームレートで撮影できることも相まって、Goproで撮った動画ファイルで編集するにはかなり高いパソコンスペックを要します。

GoProは小さいけど動画ファイルはデカイんですよねえ..

せっかく4K60Pで撮影したものの、その素材を使って動画編集をしようとすると、編集ソフトが何度もフリーズして編集できない。

プレビューするとカクカクしてスムーズに再生されないので編集しにくいなんてことになりかねません。

ここではGoproで撮った動画を快適に編集できるパソコンの選び方とオススメの動画編集向けPCを選りすぐって6台紹介しますよ!


この動画で動画編集向けパソコンの失敗しない選び方を解説したので、ぜひ視聴してみて下さい。

2022年 GoProの動画編集にオススメのパソコンはコレだ

2022年以降にGoProで撮る高画質・高フレームレートの動画を編集するパソコンにオススメなのがマウスコンピューターのG-Tune HN-Aです。

4K動画編集にも対応するハイスペックなパソコンでグラフィックカードにRTX 3070が搭載しています。

決して安い値段ではありませんが、4~5年先も現役で使えるスペックなのでオススメします。

G-Tune HN-A

CPU:Ryzen 7 5700X 
グラフィックス:GeForce RTX 3070 8GB 
メモリ:32GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB + HDD 2TB 

269,800円 ⇒ 244,800円(税込)

>>販売ページを見る

最新のGoProはどんな動画が撮れる?

GoPro

GoPro HERO10で従来製品よりもイメージセンサーが大型化し、5.3Kビデオが撮影できるようになった点はGoPro HERO11でもそのまま継承です。

さらにGoPro HERO11では10bitの色深度(4:2:0)で撮影が実現しています。

最新GoPro:GoPro HERO 11|GoPro公式

GoPro HERO 11の主な仕様

ビデオ 5.3K・4K・2.7K
最大ビットレート 120 Mbps (2.7K、4K、5K)
レンズ設定(焦点距離) HyperView(12mm)
SuperView(16mm)
広角(16~34mm)
リニア(19~39mm)
リニア + 水平ロック(360度フル回転)
RAW 形式の写真撮影 27.13MP (5568×4872)
タイムラプスモード タイムワープ:リアルスピード / ハーフスピード
焦点距離:16~34mm / 19~39mm
フレームレート(スローモーション) 
2.7K 240FPS(8×)
4K 120FPS(4×)
5.3K 60FPS(2×)
5.3K 30FPS(1×)

GoProはアクションカメラがメインの用途であるため、高画質 + 高フレームレートの撮影性能がウリです。

GoProのスローモーション(解像度)選択画面

GoPro HERO11では画面右下のスローモーションの倍率を選ぶボタンを押すことで解像度も選択することになります。

GoPro HERO11では最低の解像度でも2.7Kとなり、最高の解像度では5.3Kです。

GoProでは一概に解像度が高いほどパソコンへの負荷が大きいとは言えません。

中間の4K120Pや5.3K60Pのような高いフレームレートで撮影した映像の動画編集は比較的高いスペックのパソコンが求められます。

このような特徴はGoProならではでしょう。

関連情報:GoPro HERO 11に必要なパソコンスペックを検証

最新のGoPro HERO 11には防塵防滴・耐久性能や高フレームレート・高ビットレート撮影性能といった、これまでのGoProにあった機能だけではなく、ライトトレイルやスタートレイルなど多彩な撮影機能が追加されています。

映像表現の幅はさらに増えますが、その分、動画編集には性能の良いパソコンを用意する必要がありそうです。

GoPro動画向けのパソコンを選ぶときのポイント

GoProで撮影した動画の不要な部分をカットしたり、音楽を加える程度ならGoProが公式に配布するアプリ「Quik」を使うことでスマホやiPhoneでも編集可能です。

無料で手に入るアプリで、これがあればクイック&スローモーションやエフェクトを加えた動画も簡単に作れます。

ただし、他のカメラで撮影した動画を合わせての動画編集はGoProのサブスクリプション契約が必要です。

その場合はパソコンで編集する方が良いでしょう。

Macで動画編集するならiMovieを使って編集するのも良いかもしれません。

GoProで撮影した素材は一般的な動画編集ソフト(Premiere ProやFinal Cut Proなど)で編集できますが、4K120Pで撮影したデータの場合パソコンが重く感じられる場合があります。

GoProの動画編集が目的でパソコンを買い替える場合は以下のポイントに注意してパソコンを選んでみてください。

1メモリ


Goproの動画向けパソコンを選ぶときに、まず覚えておきたいのがメモリの大きさです。
安いメモリでも大丈夫かなと思いがちですが、メモリは大きなものにして下さい。

高いビットレートの動画を編集するときには扱うデータ量が大きいので、メモリをかなり消費します。
メモリが十分にないと、ソフトが落ちてしまったりフリーズを起こす原因になっており、編集中にストレスが溜まります。

ストレス無くサクサク動画編集作業をして行きたいときには、最低でも16GB以上を選んで下さい。
特にGoproの4K120P・5.3K60Pで主に撮影したい方は、動画編集用のパソコンのメモリは32GBがオススメです。

映像編集のプロの方やGoproの動画編集に慣れている方は、メモリを消費しないコツを知っているかもしれません。

しかし動画編集に不慣れな場合はメモリに余裕があったほうが良いです。

動画編集で選びたいメモリの容量と規格は?

2CPU


Goproの動画向けパソコンを選ぶときには、プロセッサーにも気を付けてください。
CPUは第12世代以降のIntel Core i7以上を選ぶのが良いでしょう。

Core i5では4K動画は動画編集のプレビュー時にカクついてしまいます。

CPUはパソコンを動かすためのエンジンのようなパーツですので、ポテンシャルが大きい方が編集しやすいです。

最新のIntel Core i7なら4K動画編集にも対応できるでしょう。

動画編集向けPCで失敗しないCPUの選び方

3グラフィックカード


Goproのように360度の動画を録画できるカメラを使う場合GPUについても忘れてはいけません。

GPUは編集した映像をチェックするときに、プレビュー画像をスムーズに写しだすための必須のパーツです。

もしGPUが処理能力の低いものだと、プレビュー画像がコマ落ちする現象が起きてしまいます。
動画がカクカクすることもあって、作業が思うように進みません。

GoProを4K以上の画質で使う場合は編集用パソコンにビデオメモリ6GB以上のGPUを搭載するのがオススメです。

2022年以降に購入できるBTOパソコンならエントリーモデルのグラフィックカードでもビデオメモリは6GBになっています。

NVIDIA RTXシリーズならRTX3060あたりが価格も安くてオススメです。

グラフィックカードを動画編集のパソコンで選ぶならどれが良い?

4保存容量


ストレージは出来ればHDDではなく、SSDがおすすめです。

HDDは安くて容量の大きな物が多いですが、書き込みや読み出しの速度が遅いのが難点です。

一方SSDはコストが高くなりますが、その分書き込みや読み出し速度が爆速なのでおすすめです。
一度SSDを使ってしまうともうHDDには戻れないほど、その速さにハマってしまいます。

SSDを買うときには、512GB以上の容量を選んで下さい。
特に360度の動画はデータ量が大きいので、あっという間にデータ容量はいっぱいになってしまいます。

何本か動画を編集しているとすぐに1TBをオーバーしてしまうほどです。

そのためCドライブにはSSDを。保存用ディスクには大容量のHDDを備えると万全です。

動画編集でSSDを選ぶときに知っておきたいコト

GoProの動画編集はノート型パソコンとデスクトップのどちらを選ぶべき?

Goproの動画向けパソコンを買うときに迷うのが、ノート型パソコンとデスクトップのどちらを選ぶかどうかです。
結論から言うと、Windowsのデスクトップパソコンのほうがコストパフォーマンスが高いです。

なぜならパソコンのパーツはデスクトップ用のほうが安いですし、後から追加や交換が簡単でアップグレードしやすいからです。

屋外で動画編集しないなら断然デスクトップがオススメです。

しかし、家にパソコンを置くスペースがない人や、出先で動画編集をする機会が多い人はノートパソコンの方が良いと感じるでしょう。

Goproの動画向けパソコンはメモリやストレージ、そしてCPUなどが高性能でなければなりません。
高性能であればあるほど動画編集作業は快適になりますし、より作品のクオリティアップに集中できます。

パソコンのポテンシャルが不足しているとパソコンが度々止まるのでストレスが溜まり、結果として作品のクオリティも下がってしまいます。
デスクトップPCなら、簡単にCPUやストレージ、メモリのバージョンアップができます。

もちろんノートパソコンでも、SSDの載せ替えやメモリの増設は可能です。

しかし、パソコンにあまり詳しくない人の場合は、少し難しく感じるでしょう。
家にスペースが十分あり、パソコンにあまり詳しくない人はデスクトップパソコンのほうが作業がしやすいですよ。

関連情報:動画編集パソコンはノートパソコンとデスクトップどちらを選ぶほうが良い?

GoPro用動画編集にオススメのBTOパソコン

BTOパソコンショップではハイスペックなパソコンが比較的お手頃な価格で販売されています。

その中でもGoProで撮影した動画を編集するのに最適なパソコンを紹介します!

マウスコンピューターのGoPro編集におススメのノートパソコン


Goproの動画編集をノートパソコンで実現するならマウスコンピューターノートPC DAIV 6P-RTがオススメです。
デスクトップパソコンを置くほどのスペースが家やデスク周りにない人には最適です。
DAIV 6P-RTは、4GBのビデオメモリとなるGeForce RTX 3050 Ti Laptop GPUを搭載し、GoProの高画質映像を滑らかにプレビューできます。

また高速で書き込みが出来るSSDも搭載しているので4K動画をフリーズすることなく編集できます。

メモリは16GBと32GB搭載モデルに分かれており、4K編集がメインの方は32GB搭載モデルで安心して動画編集できます。

M.2 SSDスロットが起動ディスクの他にもう一つあるので、デュアルストレージ仕様にカスタマイズすることも可能です。

DAIV 6P-RT

CPU:Core i7-12700H 
メモリ:16GB PC4-25600 
グラフィックス:GeForce RTX3050 Ti Laptop GPU(4GB) 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 512GB 
液晶モニター:16型WQXGA(ノングレア/Dolby Vision対応) 

239,800円(税込)

>>販売ページを見る

パソコンレビュー:DAIV 6P-RT レビュー GH6で動画編集を検証してみるよ

ドスパラのGoPro編集向けデスクトップパソコン

続いてのGoProの動画編集におすすめのデスクトップパソコンに、BTOパソコンショップ ドスパラのクリエイターパソコン raytrek XSがあります。
raytrek XSは、第12世代インテル Core i7-12700 プロセッサーを搭載しています。

メモリには16GBが採用されており、ハードドライブには高速転送性能を持った500GBのM.2 SSD(NVMe接続)が搭載されています。

CPUとストレージの能力が高いのでマルチタスクを難なくこなせる上に、グラフィックカードもコスパの良さで人気のあるGeForce RTX 3050が動画編集性能を担保してくれています。

raytrek XS

ドスパラのGeForce RTX 3050+大容量ストレージ搭載動画編集用パソコン 
CPU:Core i7-12700  
グラフィックス:GeForce RTX 3050 8GB GDDR6 
メモリ:16GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 500GB 

199,980円(税込)

>>販売ページを見る

ドスパラのGoPro編集に最適なノートパソコン

ドスパラノートPC raytrek R5-AA6は、クリエイター向けのノートパソコンとして構成されています。
CPUにはインテル Core i7-12700Hが使われており、メモリは16GB PC5-38400です。
最新のGopro Hero10の動画編集パソコンとしておすすめの一台です。
SSDも書き込み速度の速いNVMe対応のSSDが搭載されています。
グラフィックカードはGeForce RTX 3060 6GBとミドルクラスの十分な性能である点も見逃せません。

raytrek R5-AA6

CPU:インテル Core i7-12700H 
グラフィックス:NVIDIA GeForce RTX 3060 6GB 
メモリ:16GB PC5-38400 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB Gen4 
液晶モニター:15.6型フルHDノングレア液晶

199,980円(税込)

>>販売ページを見る

パソコン工房のGoPro編集用デスクトップパソコン

Goproの動画編集パソコンとしておすすめしたいのが、ここで紹介するパソコン工房のデスクトップPCです。
このモデルはCore i7-12700を搭載しているため、高い処理能力が必要となる動画編集作業でも難なくこなしてくれます。

メモリも16GB搭載していますから、動画編集ソフトをストレス無く使用していけるでしょう。
自分がさらに強化したい部分をカスタマイズしやすいので、後から物足りないところを補強していけます。

デスクトップパソコンでも、ミドルタワーパソコンは拡張性の高さが魅力です。
動画をたくさん保存していくと、いつかストレージが足りなくなることがありますが、デスクトップなら簡単にハードディスクを増設できます。

パソコン工房のパソコンは拡張性の高いケースが採用されているので使いやすいです。

SENSE-M06M-127-RBX

第12世代Core i7にビデオメモリ 12GBのグラフィックス搭載 
CPU:Core i7-12700 
グラフィックス:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6 
メモリ:16GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 500GB 

204,800円(税込)

>>販売ページを見る

パソコン工房のGoPro向けノートパソコン


パソコン工房のクリエイターPCブランド SENSEシリーズも、GoPro動画編集のためのおすすめパソコンです。
ここで紹介するノートパソコンは第11世代 インテル Core i7-12700Hが搭載されていて、かなり処理能力が高くなっています。
ディスプレイはノングレアパネルのフルHD液晶で、広々とした画面で動画編集に没頭できるのも魅力的です。

起動ディスクにはM.2 SSD NVMeが採用されており、容量が500GBあるので安心です。
グラフィックカードにGeForce RTX 3050が搭載されており4K動画にも対応可能です。

SENSE-15FX152-i7-NASX

CPU:インテル Core i7-12700H 
グラフィックス:GeForce RTX 3050 4GB GDDR6 
メモリ:16GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe対応 500GB
液晶モニター:15.6型フルHDノングレア液晶

182,800円(税込)

>>販売ページを見る

GoProの撮影データで動画編集するのにおすすめのパソコン6選 まとめ

こんな感じです!

GoProの4K動画を編集するならなるべく新しいCPUのCore i7またはCore i9がオススメです。

またグラフィックカードはエントリーモデルでも十分です。
ただし、予算が少ないからといってCPUとメモリをケチると後悔することになるので気を付けて!

BTOパソコンショップのデスクトップPCなら後でパーツをアップグレードするのも簡単でなのでオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 動画編集用パソコンは水冷と空冷のどちらが良い?メリット・デメリットを解…

  2. 動画編集パソコンはノートパソコンとデスクトップどちらを選ぶほうが良い?…

  3. デジタルデータリカバリーってどう?依頼前に山ほど質問してみたよ

  4. 結婚式ムービーソフト5選と編集作業がはかどるパソコンの選び方

  5. BTOパソコンショップで動画編集用パソコンを買うときのメリット・デメリ…

  6. 【2022年】ノートパソコン CPUはRyzenとIntelどっちが良…

PAGE TOP

パソコンレビュー

【在宅勤務向け】パソコンの選び方を3つのポイントで解説するよ!

おすすめ記事

デジタルデータリカバリーってどう?依頼前に山ほど質問してみたよ

おすすめ記事

結婚式ムービーソフト5選と編集作業がはかどるパソコンの選び方

おすすめ記事

【2022年】ノートパソコン CPUはRyzenとIntelどっちが良い?

おすすめ記事

YouTube動画の編集にはどんなスペックのパソコンを買えばよいの?