オススメ:動画編集は低価格でもOK!おすすめノートパソコン10選【2019年版】

注目エントリー

【価格帯別】おすすめ動画編集デスクトップパソコン 2019年版

※2019年10月に更新しました。

動画編集パソコンを選ぶときに予算をきちんと決めると出来ることと出来ないことがハッキリわかります。

動画編集向けのパソコンは年々安価で手に入れられるようになっていますが、スペック以上の要求をすればプレビューのカクツキやソフトウェアの強制終了に陥るのは変わっていません。

正常にプレビューできないパソコンで動画編集するとストレスが溜まりますよねえ。

ここでは2019年に動画編集パソコンを購入するときのポイントと、BTOパソコンで販売されているオススメのデスクトップパソコンを価格別に紹介します。

この動画はユーチューバーのiKouzacomさんによる動画編集オススメのパソコンについての解説です。
iKouzacomさんが購入した4K動画編集用のパソコンのスペックについて説明してくれているので、ブログ読むの面倒な人はぜひ動画を視聴してから価格別オススメパソコンをご覧くださいねー。

動画編集用のCPUとは

水冷クーラーに包まれたIntel Core i9-9900K

動画編集を行なうデスクトップパソコンは、どんなCPUでも問題なく作業が出来るわけではありません。

CPUは動画編集をしていく上で欠かせない文字通りコアパーツです。

動画を編集する際の演算を、ほぼCPUだけで行なっていきます。

写真と違って動画のデータ量は膨大ですから、CPUの性能が低いと編集作業は効率よく進みません。

編集作業をするたびにソフトの動作が遅くなったり、フリーズしたりすることがあります。
突然動画編集ソフトが落ちて、それまで編集していたデータが消えてしまうなんてことも全然ありえます。

安心して編集作業に集中していくためには、まず第一にCPUが高性能である必要があります。
動画編集をしていくときのCPUは、Core i5やCore i7のコア数が多い製品がおすすめです。

CPUはパソコンの中心部分ですから、そこのパーツに関しては予算を削りすぎないようにして下さい。

2019年以降買うならCore i9-9900Kがオススメ。

Core i5より下の性能のものには、AtomやPentium、さらにCeleronやCore i3などがあります。
これらのCPUは残念ながら、動画編集には向いていません。
ワープロソフトや表計算ソフトを使う分には問題ない性能を持っているCPUですが、動画編集に関しては力不足です。

またIntelのCPUよりも低価格でコア数が多いAMDのRyzenシリーズも人気がありますが、個人的にはオススメしません。

というのもRyzenと相性が悪い動画編集用ソフトもあるので、そのあたりも詳しい人なら問題ないですが、いろんな編集ソフトを試す機会が多い初心者の方はインテルCPUの方が無難だからです。

内蔵GPUに依存する動画編集ソフトはRyzenダメでーす

動画編集向けのSSDとは

放熱による性能低下を防ぐシールドを装備した M.2 SSD

動画編集用のデスクトップパソコンでおすすめのパーツはSSDです。
これまでのストレージはハードディスクが主流でした。
ハードディスクは安くて大容量というのが特徴で、ほとんどのパソコンがハードディスクを使っていました。
しかし、データの転送速度が遅いという弱点があります。
動画編集をしていると、大量のデータをストレージに書き込んだり読み取ったりする必要があります。

動画クリエイターに人気のウェスタンデジタル製HDD

その際に、ハードディスクを使っているなら、作業が遅くなるのが難点でした。
さらにハードディスクは、ディスクにデータを物理的に書き込んでいく仕組みです。
可動パーツが多いために重量が重くなることや、消費電力が多くなるというデメリットもあります。

しかしSSDはメモリに電気信号でデータを書いていきますから、可動パーツがほとんどありません。

パーツが少ないため消費電力も少ないのです。

データの転送速度もハードディスクに比べて、圧倒的に早くなっています。
ハードディスクの弱みを克服したストレージがSSDです。

SSDの弱点は価格が高いことでしたが、2019年以降は供給過多のため価格がかなり安くなってきています。

特に主流の容量となる256GBや512GBのSSDが安くなっています。

またSSDはモバイルパソコンやタブレットPCにも活用できるよう小型化されたM.2 SSDが人気ですが、M.2 SSDにも実は種類があります。

WD製 PCIe3.0×NVMe規格のM.2 SSD

WD製 SATA3.0規格のM.2 SSD

その中でもBTOパソコンショップで人気があるのはPCIe3.0×NVMe規格SATA3.0の2種類です。

この両者の性能は断然PCIe3.0×NVMe規格のほうが処理速度が速くなっており、動画編集向けのハイエンドパソコンに搭載されています。

PCIe3.0×NVMe規格とSATA3.0規格のSSD ベンチマーク比較(ウェスタンデジタル)

PCIe3.0×NVMe規格のM.2 SSD 6101
SATA3.0規格のM.2 SSD 4862

データ引用元:PassMark

PCIe3.0×NVMe規格のM.2 SSDは熱に弱いため、エンコーディング時にPCの発熱量が大きくなる動画編集では避けられる傾向もありましたが、最近では冷却効果の高いパーツと組み合わせることで問題なく使用できるようです。

参考:【2019年版】M.2 SSDとは?SATA接続とNVMe接続の違いについてもまとめました

SSDでストレージを構成したパソコンは値段が高くなることが心配かも知れませんが、そのときにはデュアルストレージタイプを選ぶと良いです。

デュアルストレージタイプとは、SSDとハードディスクの両方を搭載しているパソコンのことです。
よくアクセスするファイルをSSDに保存し、ストック用のファイルをハードディスクに保存する使い方が出来ます。

コスパの良いデスクトップパソコンを選ぶには、デュアルストレージタイプがおすすめです。

動画編集するならメモリはどれぐらい必要?

64GBメモリー搭載(16GB×4)のパソコン

CPUの性能を十分に引き出すのにメモリは欠かせないパーツです。
特に動画編集用のデスクトップパソコンには、性能の良いメモリを搭載するようにして下さい。

結論!16GB以上のメモリを搭載しているデスクトップパソコンを選ぶのがおすすめです。

メモリというのは、CPUで計算したデータをストレージに移動するときに一旦保存する場所です。
一時的にデータを保存できる量が、16GBなのか8GBかによって作業の速度は大きく変わってきます。

どんなにCPUが高性能で高速で演算が出来たとしても、ストレージに送るときに8GBしか保存できないメモリだと作業が滞ってしまいます。
メモリに保存できないデータはメモリの容量が空くまで待機することになり、それだけ作業が遅くなるのです。

もしメモリが16GBくらいあるなら十分な保存スペースがあるので、スピーディにデータ転送が行なわれます。

いくつかの作業を行なうようなマルチタスクにも余裕を持って対応できますよ。

用途別 CPUとメモリーの最適な組み合わせ【2019年版】

4K映像の編集・モーションエフェクト 64GB
4K映像の編集 32GB
フルHD編集・モーションエフェクト
1トラックの4Kカット編集のみ
16GB
シンプルなフルHD編集 8GB

こちらもオススメ:【2019年版】動画編集で選びたいメモリの容量と規格は?

動画編集用パソコンでグラフィックカードは重要?

パソコンケースの中央に鎮座するグラフィックカード Quadro RTX4000

高性能なグラフィックカードが動画編集用のデスクトップパソコンに、必要なのかどうかは意見が分かれるところです。

グラフィックカードは必要ないという意見もあれば、グラフィックカードの性能は高ければ高いほど動画編集を快適に行えるという意見もあります。

どちらが正解なのか初心者の方は迷いますよねえ。

グラフィックカードは、動画や写真などのグラフィックスの演算をするパーツです。
CPUでもこの演算を行えますが、グラフィックカードはそのサポートをしてくれます。

グラフィックカードが搭載されていると、動画圧縮や変換などの作業を効率よく行なっていくことが出来ます。
また、グラフィック系のデータの重いソフトなども、サクサク動かしていくことが出来るのです。

写真や動画を扱うクリエイターや、ビデオ処理が必要なゲームを遊ぶ人はグラフィックカードは必須だと感じています。

これは半分正解で半分間違いであると言えます。

その理由は動画編集ソフトによってグラフィックカードが必要かどうかが変わるからです。

PremiereProやAfter Effectsは、グラフィックカードに対応しており、QuadroやGeForceのハイエンドグラフィックカードを使うことでレンダリングやエンコーディング速度がかなり速くなります。

またグラフィックカードがないと適用できないエフェクトもあります。

参考:Adobe Premiere Pro に推奨されるグラフィックカード

それに対して無料ソフトのAviutlや安価な動画編集ソフトはグラフィックカードでほとんど処理をしないものがあります。

趣味で動画編集をする程度で無料や安価な編集ソフトを使いたい人はグラフィックカードは必ずしも必要ではありません。

グラフィックカードが無くても、マザーボードやCPUに搭載しているGPUが同じ作業をする事が出来るからです。

その場合はCPUやメモリーをアップグレードするといったように、他のパーツに予算を割り当てた方が満足度が高いパソコンになりますよ。

合わせてオススメ:【2019年版】グラフィックカードを動画編集のパソコンで選ぶならどれが良い?

10万円前半でおススメの動画編集向けデスクパソコン

動画の解像度はフルHDまでで、比較的単純な動画編集しかしない人にオススメです。

10万円前半でオススメの動画編集向けパソコンはドスパラ Monarch XHです。
価格が安くコスパ抜群のパソコンです。
Core i7-9700F、メモリは8GB DDR4 SDRAMを積んでいます。
Core i7に対してメモリが8GBというのは少し物足りないですから、16GBのメモリへ増設することをおすすめします。
グラフィックカードも一応搭載していて、NVIDIA GeForce GTX1050 Ti 4GBを積んでいます。
ストレージは1TBの大容量ハードディスクと240GBのSSDなので、動画を保存する分には十分でしょう。
DVDから動画の読み込みが簡単にできる光学ドライブも搭載されています。

Monarch XH

CPU:Core i7-9700F
グラフィックス:GeForce GTX 1650(4GB)
メモリー:8GB
ストレージ:240GB SSD / 1TB HDD

109,980円(税抜)

ドスパラ公式サイト

20万円以内でおススメのデスクパソコン

フルHDの動画編集・モーションエフェクトはもちろん、ライトな4K動画編集もできるパソコンです。

マウス DAIV × 当サイトのコラボ企画パソコン

当サイトのオリジナルパソコンで、マウスコンピュータクリエイター向けのパソコンDAIVシリーズで構成してもらっています。
CPUは第9世代のCore i7-9700Kで、メモリも16GBと必要最低限の性能を持っており、動画編集でもサクサクと動いてくれます。

ストレージの容量は240GBと2TBでフルHD動画編集なら十分です。
4K動画編集をする場合はストレージをアップグレードするのがオススメです。

GPUにはGTX1660が搭載されており、数年にわたって現役で使うことができるパソコンです。

CPU:Core i7-9700K
グラフィックス:GeForce GTX 1660(6GB)
メモリー:16GB
ストレージ:512GB SSD / 2TB HDD

169,800円(税抜)

マウス公式サイト

2019年9月 増税前のお得なキャンペーン!詳しくはコチラ

ドスパラ20万円以内モデル raytrek LZ P2

raytrek LZ P2はインテル Core i7-8700のCPUが搭載されており、メモリには16GBが採用されています。
CPUは一世代前のものとなりますが、Core i7の処理能力を十分に引き出せる分のメモリが最初から搭載されているおすすめの動画編集パソコンです。
ドスパラの20万円以内のPCの中でもバランスの取れたスペックです。
グラフィックカードにはNVIDIA Quadro P2000 5GBが採用されています。

CPU:Core i7-8700
グラフィックス:Quadro P2000(5GB)
メモリー:16GB
ストレージ:500GB SSD / 2TB HDD

194,980円(税抜)

ドスパラ公式サイト

セミプロ向け25万円以内でおススメのデスクパソコン


予算が25万円ぐらいになると、プロの動画クリエイターが仕事としてつかえる性能の良いパソコンが手に入ります。
この価格なら妥協のないスペックを組めるので満足度が高いです。

DAIVハイアマチュア向けパソコン

マウスコンピューターDAIVのコラボ企画パソコンのプロ・ハイアマチュア向けパソコンです。

GPUにはRTX2070が搭載されており、画像や動画編集に十分な映像処理能力があります。

レイトレーシング対応のゲームや4K動画編集など高負荷な処理のいる作業でも問題なく利用できます。
メモリーも32GB搭載してデータ保存容量も十分です。
高スペックの割には価格的にはクリエイター向けパソコンの中では安い部類に仕上がっているのが魅力です。

光学ドライブやUSB3.0対応のSDカードスロットが標準装備なのも嬉しいポイントです。

CPU:Core i7-9700K
グラフィックス:GeForce RTX 2070(8GB)
メモリー:32GB
ストレージ:512GB SSD / 2TB HDD

229,800円(税抜)

マウス公式サイト

ドスパラのハイアマチュア向けパソコン raytrek ZF

他の25万円以内の動画編集用のパソコンとして紹介するのが、raytrek ZFです。

最新世代のインテル Core i7-9700Kが搭載されていて、メモリは32GB DDR4 SDRAMです。
第9世代のCore i7に32GBのメモリの組み合わせは、4K動画編集なども軽くこなしてしまうほどのスペックです。

ストレージには2TBのハードディスクと、Samsung 500GB NVMe SSDが使われています。
ドスパラのケースは後からドライブを追加したり、メモリの増設をしたりするのが簡単で排熱も効率よく行なってくれますよ。

CPU:Core i7-9700KF
グラフィックス:GeForce RTX 2070 SUPER(8GB)
メモリー:32GB
ストレージ:512GB SSD / 2TB HDD

229,980円(税抜)

ドスパラ公式サイト

4K編集向けおススメのデスクパソコン

カラーグレーディングや複雑なモーションエフェクトを加えたプロフェッショナルな動画を制作するなら、やっぱりQuadroを搭載したパソコンがおススメです。

Core i9とメモリーを十分に搭載して快適な編集環境を整えますよ。

DAIVオリジナルハイエンドモデル

最新の第9世代Core i9-9900Kは8コア16スレッド、ターボブースト時のクロック数は6GHzとなって大幅にパワーアップしています。
メモリは64GBで、マザーボードに搭載できる最大量になっています。
またグラフィックカードのQuadro RTX4000はCUDAコア2304基で8K映像を最大30bitカラーで出力できます。

大容量ストレージと水冷クーラーで長時間でも安定した動画書き出し速度を実現できますよ。

CPU:Core i9-9900K
グラフィックス:Quadro RTX 4000(8GB)
メモリー:64GB
ストレージ:512GB SSD / 3TB HDD
水冷クーラー・光学ドライブ・SDカードスロット・SSD冷却シールド標準搭載

299,800円(税抜)

マウス公式サイト

2019年9月 増税前のお得なキャンペーン!詳しくはコチラ

ドスパラのCore i9搭載ハイエンドモデル

ドスパラでハイエンドモデルを探すとraytrek ZZに行き着きます。
4K動画編集を効率よく行なっていけるスペックの、デスクトップパソコンです。
CPUは最新のインテル Core i9-9900Kで、グラフィックカードにはNVIDIA GeForce RTX2080 Ti 11GBが使われています。
メモリも32GB DDR4 SDRAMあるので、十分に4K動画編集に対応していけます。
ハードディスクは3TBのものと、Samsung 500GB NVMe SSDが搭載されています。
一本あたりのデータが重くなる4K動画ですが、これだけのストレージなら容量不足を心配せずに保存していけます。
採用されているグラフィックカードはGeForce最上位性能で動画の圧縮や変換もスピーディに行えます。

CPU:Core i9-9900K
グラフィックス:GeForce RTX 2080 Ti(8GB)
メモリー:32GB
ストレージ:512GB SSD / 2TB HDD

319,980円(税抜)

ドスパラ公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

マウスコンピューター/G-Tune

関連記事

  1. 【2019年】動画編集でSSDを選ぶときに知っておきたいコト

  2. 【2019年版】動画編集で選びたいメモリの容量と規格は?

  3. 【2019年】動画編集向けPCで失敗しないCPUの選び方

  4. 【2019年版】グラフィックカードを動画編集のパソコンで選ぶならどれが…

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP

おすすめ記事

動画編集は低価格でもOK!おすすめノートパソコン10選【2019年版】

おすすめ記事

YouTube動画の編集にはどんなスペックのパソコンを買えばよいの?

おすすめ記事

結婚式ムービーソフト5選と編集作業がはかどるパソコンの選び方