オススメ:動画編集は低価格でもOK!おすすめノートパソコン10選【2019年版】

注目エントリー

【2019年】動画編集でSSDを選ぶときに知っておきたいコト

※2019年10月に更新しました。

動画編集を行うときにパソコンの処理速度が遅いと作業が捗らずイライラしますよね。

こんな時に最新のSSDを導入することで動画編集の不満の多くを解決できます。

動画編集におけるプレビューのカクつきやソフトウェアの不安定な動作が連続する場合以下の3つの性能不足が考えられます。

1.CPUとメモリ
2.ストレージ
3.GPU性能

このうちストレージはHDDやSSDと呼ばれるPCパーツのことで、不具合が生じやすいパーツです。

ただし交換・アップグレードすることで意外と簡単に不具合が解消する可能性があります。

そしてさらにSSDはかなり値崩れしてきており今が買い時です。

SSDは2018年末頃から過剰供給で値段が落ちてきています

BTOパソコンの最新モデルでは比較的低価格なパソコンから高性能なSSDが搭載されるようになりましたが、メーカーによって性能がまちまちなので注意が必要です。

ここでは動画編集向けのパソコンでSSDやストレージの構成や選び方について解説します。

SSDって何?HDDとどう違う?

写真上がSSD。下がHDD。

写真上がSATA SSD。下がHDD。

動画編集をする際には必ず選びたいSSDですが、ここではまずパソコンに詳しくない方向けにSSDとは何か?HDDと何が違うのかも含めて少し説明していきます。

HDD(ハードディスク)とは、ディスクに磁気ヘッドでデータを書き込んでいく仕組みになっています。

ハードディスクは起動時に高速で回っており、そこに磁気ヘッドでデータを新たに追加したり読み込んだりしています。

HDDは衝撃に弱い特性があり、実はデータ破損の危険性が常にあります。

パソコンを起動させている間はディスクが高速で回転していますから、その時に強い衝撃が加わると結構簡単に壊れてしまいます。

大切なデータが修復不可能な状態になることもあるのです。

ハードディスクは必ず故障するものと考えてバックアップをする必要があります。

それに比べて、SSDは半導体素子メモリに電子的にデータを書き込んでいきます。

ディスクが回転するなど物理的な動きが無いため、衝撃に強く耐久性も高くなっています。

データの書き込み速度や読み込み速度が、HDDに比べて圧倒的に早いのも魅力です。

可動部品が少ないためサイズが小さく、ノートパソコンなどに向いています。

本体を小さく軽く出来るのがメリットです。

消費電力も少ないですし、発熱も少ないため使い勝手が優れています。

SSDはメリットが多いですが、HDDに比べて単価が高いというデメリットもあります。

SSDは数年前に比べればかなり値段が下がりましたが、HDDも同時に値段が下がっています。

カメラも高画質になるほどデータ容量も増えるので、コスト面だけで考えるとHDDのほうが断然安く上がります。

動画編集でSSDの容量はどのぐらいが理想?

動画編集の場合SSDの容量は、250GBから500GBくらいあると良いです。

SSDの容量と価格のバランスが優れているのが、250GBから500GBのレンジです。

動画編集はデータサイズが大きい動画ファイルを使うので、ストレージは出来るだけ多い方が良いです。

ストレージが少なくなってくると、エラーが出やすくなりますから注意して下さい。

動画編集では、大量のデータの読み書きを頻繁に行なっていきます。

あっという間にストレージの容量を食ってしまうため、SSDは予算が許す範囲で大容量のものを選びましょう。

動画編集をする際におすすめなのが、複数のストレージを積んだパソコンを選ぶことです。

SSDとHDDをそれぞれ一台づつ搭載したデュアルストレージタイプのパソコンがおすすめです。

ストレージが分かれていると、作業の負荷を分散することが出来ます。

私の日常のファイル管理方法

私の動画ファイル管理の様子

私の動画ファイル管理の様子

SSDのほうに動画編集ソフトをインストールし、頻繁にアクセスするファイルを入れておきます。

使用する動画データやテンプレート素材などのストック、ロイヤリティフリーのBGM音源は、HDDのほうに保存します。

このようにストレージを使い分けておくと、負荷を分散することが出来、CPUの性能を阻害せず安定して動作できます。

動画編集初心者の方やYouTube用の動画などライトな動画編集に用途が限られる方はデュアルストレージタイプで、CドライブのSSDは256GBでHDDは1TBくらいあると良いでしょう。

もちろん可能であればSSDは500GBぐらいあれば良いですが、多くを望めばその分値段が高くなります。

予算と相談しながらストレージの量を決めていきましょう。

覚えておきたいのは、SSDを含めストレージは消耗品であるという点です。

ちなみにSSDの故障はHDDのような予兆がないと言われています

動画編集ではストレージに頻繁に書き込みを行なうため、一般的な使用方法よりも早めに寿命が来てしまいます。

ただ単にワープロソフトや表計算ソフトを使っている人のSSDよりも、寿命が早く来ることがありますよ。

もし3年以上ストレージを使っているなら、大切なデータのバックアップは必ず行うようにして下さい。

こちらもオススメ:SSDの故障は前兆なく起こる?突然のSSD故障と対応方法

BTOパソコンのケース

BTOパソコンのケース内のHDD収納場所。追加できる

データのバックアップを取る分では、大容量のハードディスクを用意しておくと良いでしょう。

バックアップ用で使うハードディスクは頻繁に通電しなければ長持ちするので、USBで接続する外付けハードディスクがオススメです。

SSDのメーカーはどこが良いの?

SSDのメーカーはいくつかありますが、SANDISKがおすすめです。
ストレージを長年作っている老舗のメーカーで信頼性があります。

主なストレージのメーカー

SANDISK 米企業 ウエスタンデジタルの100%出資会社。SDカード・フラッシュメモリーのメーカー
ウェスタンデジタル HDDの定番メーカー
Crucial 安価。性能は中の上で当たり外れがあるみたい
intel BTOパソコンでもよく採用されている
SAMSUNG M.2 SSD NVMe で2016~2017年は人気だったが2018年~不調。国際情勢のせい?

この他にもTranscendやKingstonがありますが、人気は上の5社です。

SANDISKでは2.5インチ規格SATA接続TLCタイプなど、スタンダードでコスパの良いSSDをいくつも販売しています。
SANDISKはTLC NANDに成熟した技術を持っているため、信頼性が抜群です。
SDカードで知名度が高いので日本でも人気です。

価格もこなれているので、SANDISKのSSD PLUSシリーズはおすすめと言えます。

SANDISKおススメのエントリー向けSSD

動画編集をする時は容量不足に気を使いますから、500GB近くあると安心です。

なお、読み書き速度を何よりも優先させたいときには、SANDISKのM.2 SSDである Extreme PROシリーズが一押しです。

処理速度重視の方向けSANDISK M.2 SSD

自作パソコンならSANDISKがオススメです

価格は少し高くなりますがメーカーからの10年保証が付いていて、信頼性の高さを感じさせます。
消耗品のストレージに10年保証を付けられるという事は、それだけ製品に自信があるという事でしょうね。

SSDはHDDと同様に、バッドセクタが原因で長持ちしづらいと考えられていました。

しかし、Extreme PROシリーズはその意見を大きく覆しました。
他にもSANDISKは法人向けのSSDを出したりしています。
法人向けのSSDは5年保証が付いています。

これから買うならM.2 SSD NVMeがオススメ

SSDは現在供給過多で値崩れを起こしつつあります。

参考:NANDの供給過剰はまだまだ続く – 2019年第1四半期も10%価格下落の見通し|マイナビニュース

これは私たち動画編集ユーザーには嬉しい傾向で、性能の良いストレージを安く購入できるチャンスです。

BTOパソコンメーカー各社のパソコンも新製品については性能の良い M.2 SSD NVMe が定番で搭載されています。

可能であれば購入時にどのメーカーのSSDを搭載しているのか確認して、安心できるパソコンを選びましょう。

【2019年】動画編集でSSDを選ぶときに知っておきたいコト まとめ

こんな感じです!まとめると

・今年中はSSDの値段が安いので、追加するなら買い時
・新規でパソコンを買うならM.2 SSD NVMe搭載モデルがオススメ
・HDDとデュアルストレージになっているのが理想的。
・動画編集用のパソコン購入時はSSDのメーカーも確認したほうがいい。

こんな感じです。

SSDも壊れる可能性は十分にありますから、ハードディスクと上手く使い分けて動画編集の処理速度を高めましょう!

マウスコンピューターの動画編集向けPCのSSD対応状況は?

マウスコンピューターDAIV
マウスコンピューターではクリエイターパソコンとゲーミングパソコンにM.2 SSD NVMeを標準的に搭載しています。

ハイエンドモデルには2基のSSDでデュアルストレージにしたパソコンも揃えているのが特長です。

マウス公式サイト

こちらもオススメ:マウスコンピューターとコラボ企画 コスパ重視の動画編集者向けパソコン

2019年9月 増税前のお得なキャンペーン!詳しくはコチラ

パソコン工房のクリエイター向けPCはSSDを搭載している?

パソコン工房
パソコン工房ではエントリーモデルにSATAIII SSDを。
ハイエンドモデルにM.2 SSD NVMeを搭載しています。

パソコン工房公式サイト

ドスパラのM.2 SSD搭載状況はどう?

ドスパラ
ドスパラではゲーミングPCのGALLERIAと動画編集向けのraytrekにM.2 SSD搭載のデュアルストレージPCが揃えられています。

SATA SSDとNVMeが混在しているので、購入時はそのあたりもチェックしましょう。

ドスパラ公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

マウスコンピューター/G-Tune

関連記事

  1. 【2019年版】動画編集で選びたいメモリの容量と規格は?

  2. 【2019年版】グラフィックカードを動画編集のパソコンで選ぶならどれが…

  3. 【2019年】動画編集向けPCで失敗しないCPUの選び方

  4. 【価格帯別】おすすめ動画編集デスクトップパソコン 2019年版

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP

おすすめ記事

YouTube動画の編集にはどんなスペックのパソコンを買えばよいの?

おすすめ記事

結婚式ムービーソフト5選と編集作業がはかどるパソコンの選び方

おすすめ記事

動画編集は低価格でもOK!おすすめノートパソコン10選【2019年版】