オススメ:動画編集は低価格でもOK!おすすめノートパソコン10選【2019年版】

GeForce RTX2060搭載 動画編集にオススメのパソコン

割高感はあるけど 最新のGDDR6 規格で4K編集にも最適

2

RTX2060はGTX1060の1.4倍の性能アップとなっています。

動画編集に使うパソコンはどのグラフィックカードを使うかで値段が大きく変わります。

2019年に発売開始したグラフィックカードは種類がかなり増えていて、初心者の方にはとても分かりにくくなっています。

グラボはますます種類が増えすぎて、どれが良いのか分かりませんねえ。

その中でも人気の高いグラフィックカードにNVIDIA GeForce RTX 2060があります。

ここではRTX2060の性能と、RTX2060が採用されている動画編集向けにおススメのパソコンを紹介します。

GeForce RTX 2060の主な仕様

動画編集をするのに欠かせないのがグラフィックカードですが、2019年1月に発売開始となったRTX2060が自作PCユーザー界隈で人気です。

RTX2060はNVIDIAのGeForceシリーズの一つでカタログスペックは、従来のGeForceシリーズで同価格帯となるGTXシリーズよりも、かなりアップした数値となっています。

NVIDIA GeForce RTX2060のざっくりとした性能

GPU アーキテクチャ Turing
CUDAコア数 1920
定格クロック周波数 1365MHz
ブースト時クロック周波数 1800MHz
ビデオメモリー 6GB
VRAM規格 GDDR6
VRAM帯域幅 336GB/s
TDP 160W
価格(オリファンモデル) 38,000~50,000円

ダイサイズは445平方mmで、トランジスタ数は108億です。
さらにRTコア数は36基、Tensorコア数が288基備えています。
GPUメモリは6GBでCUDAコア数も1920基です。

動画編集の性能を左右するCUDAコア数だけで考えるとGeForce GTX1070と同等です。

GeForce RTX2060 ベンチマーク比較 PassMark

従来GeForce の60番台と言えば、手軽なGPUでエントリー~ミドルクラスという立ち位置でした。
そのためスペックとしても決して高いものではなかったのですが、RTX2060はベンチマークによるとGTX1060の1.4倍の性能アップ、GTX1660の1.2倍となっています。

この動画はちもろぐさんのRTX2060レビューです。RTX2060の性能を詳しく解説してくれているのでぜひ視聴してみましょう。

RTX 2060とGTXシリーズの大きな違いを挙げてみます。

まずチップ面積であるダイサイズが、従来のものと比較すると約2.2倍に大きくなりました。
その理由としてあげられるのが、TensorコアとRTコアの追加です。
TensorコアとはNVIDIAの新技術であるDLSSを、実行するために追加するためのコアになります。

DLSS をご存じですか? この新しい RTX テクノロジではディープラーニングと AI のパワーを利用して GPU をトレーニングします。
従来のアンチエイリアス技法を利用する前世代の GPU に比べて最大2倍の速さで実行され、鮮明な画像をレンダリングします。
引用元:DLSS 導入のゲームが続々発表|NVIDIA

DLSSは映像のギザギザ部分を取り除く、アンチエイリアシングのためのもので、よりシャープな映像を楽しめるようになります。
Tensorコアはきれいな映像を保つための機能だと考えて良いでしょう。

もう1つのRT(レイトレーシング)コアとは光の反射などを、リアルタイムに映像に反映する技術を指します。
リアリティのある映像を再現するための機能です。

参考:RTX 20シリーズがPCグラフィックを新たなステージに押し上げる。発表イベントでわかったこと|マイナビニュース

またビデオメモリの規格も、従来のGDDR5から最新のGDDR6に変更されました。

ただ消費電力が増しているため、補助電源のコネクタが8PIN仕様になっています。

そのため既存のパソコンでそのまま入れ替えるのは、ちょっと難しいかもしれません。

RTX2060と従来モデルGTXシリーズとの比較

RTX2060はTensorコアとRTコアが追加されている点で従来品のGTXシリーズとは違うシリーズとなっています。
リアルタイムレイトレーシング対応のゲーム用グラフィックカードとも言えます。

動画編集の用途で使う場合、CUDAコア数がGTX 1070と並ぶという点において幾分低価格になっているようにも思えますが、消費電力が160Wとかなり高いのが難点です。

また価格もGTXシリーズよりすこし高めの設定になっています。

まだ新しい製品だけに、もう少し時間が経過すると値段も落ちついてくるはずです。
今すぐにでも欲しいという人以外は、少し様子を見てもいいかもしれません。

上位モデルのRTX2060 SUPERが2019年7月に発売開始となり、今後お値段が下がることが予想されます。

RTX2060搭載パソコンはどんな人におススメ?

RTX2060はかなり高い性能があるため、大抵の動画編集ソフトに対応することができます。

RTX2060が搭載されたパソコンも次々と販売されています。

ややハイクラスのパソコンに搭載している傾向があります。
そのため動画編集をするにしても、十分なパワーを持っているパソコンばかりです。

動画編集はもう少し安価なパソコンでも作業自体は全然できますが、4K動画編集など高画質な動画やハイフレームレートの映像を扱う場合はRTX2060がオススメです。

BTOパソコンショップのRTX2060搭載製品はどんな感じ?

BTOパソコンショップでは2019年の夏ぐらいからRTX2060搭載モデルがたくさん登場してきました。

GTX1660、GTX1660Tiではスペックが不安だけどRTX2070はちょっと高いかも..という方には最適です。

マウスコンピューターのRTX2060搭載オススメ動画編集パソコン

DAIV-DGZ530S4-M2SH2

CPU:Core i7-9700K
グラフィックス:GeForce RTX 2060
メモリ:16GB PC4-19200
ストレージ:256GB NVMe対応 + 2TB HDD

199,800円

マウス公式ページ

2019年9月 増税前のお得なキャンペーン!詳しくはコチラ

パソコン工房のRTX2060搭載オススメ動画編集パソコン

LEVEL-R039-i7K-ROA-MAP2

CPU:Core i7-9700K
グラフィックス:GeForce RTX 2060
メモリ:16GB PC4-19200
ストレージ:480GB Serial-ATA SSD+ 2TB HDD

159,800円

PC工房公式ページ

ドスパラのRTX2060搭載オススメ動画編集パソコン

raytrek ZV

CPU:Core i7-9700KF
グラフィックス:GeForce RTX 2060
メモリ:32GB DDR4 SDRAM
ストレージ:512GB NVMe SSD + 2TB HDD

199,800円

ドスパラ公式ページ

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP

おすすめ記事

結婚式ムービーソフト5選と編集作業がはかどるパソコンの選び方

おすすめ記事

YouTube動画の編集にはどんなスペックのパソコンを買えばよいの?

おすすめ記事

動画編集は低価格でもOK!おすすめノートパソコン10選【2019年版】