オススメ:動画編集は低価格でもOK!おすすめノートパソコン10選【2019年版】

GTX1660搭載のオススメ動画編集向けパソコン

GeForce GTX1060の後継機で6GBのビデオメモリを持ったグラフィックカード

1

エントリーモデルの価格で6GBのビデオメモリーを搭載したGeForce GTX1660

GTX1660はGTX1060の後継機として2019年3月に発売したNVIDIAのグラフィックカードです。

2019年はGTX1660のほかにもGTX1660Ti、1月に発売したRTX2060があり、BTOパソコンでは選択の幅がかなり広くなっています。

しかし動画クリエイターさんにとっては、これから動画編集用にどのグラボを搭載したパソコンを選べばよいのか、分かりにくくなっているのが現状です。

ここではグラボのエントリークラスに位置するGTX1660の性能について解説します。

2019年低価格帯のグラボがGTX1660です

結論を先に言うとGTX 1660は価格が安いグラフィックカードで初心者に最適です。

ではどの程度の動画編集作業までGTX1660で対応できるのでしょうか?

この動画はゲーミングPCサイトで有名なちもろぐさんが解説するGTX1660の性能とメリット・デメリットです。
GTX1660がどんなグラフィックカードなのかとっても参考になるのでぜひ視聴してみましょう。

GeForce1660の性能と1660Tiの違い

GeForce1660の旧モデルであるGTX1060はBTOパソコンショップが販売するゲーミングPCの主力のグラフィックカードでした。

GTX1060は低価格で性能も良くコストパフォーマンスに優れたグラボで、動画編集者向けのクリエイターパソコンにも多く搭載されています。

2019年主流の GeForceビデオカードベンチマーク比較

2019年主流の GeForceビデオカードベンチマーク比較 参考:PassMark

GTX1060はビデオメモリーが3GBと6GBタイプの二種類ありました。
それに対してGTX1660は今のところ6GBのみで、GTX1060 6GBモデルを上回る性能になっています。

ベンチマークではGTX1660はGTX1060(6GB)のおよそ17%の性能アップです。

私が調べたタイミングではグラフィックカード単体の購入価格はGTX1060が25,000円前後、GTX1660が28,000円前後と数千円程度の違いで販売されています。

これからグラボ単体で購入するなら新しいGTX1660を選んだ方が良いですね。

BTOパソコンショップでは在庫処分のGTX1060を搭載した動画編集向けのパソコンが、この記事を書いている今(2019年6月)、少し安い価格設定となっています。

在庫がなくなり次第、GTX1660に入れ替わると思いますが、現状でも大きな価格差ではないのでGTX1660搭載モデルを買った方が良いかもしれません。

GTX1660・1660Ti・1060をざっくり比較

GTX1660 GTX1660 Ti GTX1060
メモリー容量/規格 6GB/GDDR5 6GB/GDDR6 6GB/GDDR5
ブーストクロック数 1785MHz 1770MHz 1784MHz
CUDAコア数 1408 1536 1280
価格 2.8万円 3.5万円 2.5万円

価格はZOTAC製のオリジナルファンモデルで比較(価格コム 2019年6月調べ)

旧モデルのGTX1060と2019年に発売した60シリーズのスペックを比較してみましょう。

動画編集ではCUDAコア数が高いほどパフォーマンスが良いと言われております。
CUDAコア数を見るとGTX1660はGTX1060のポイント差は128。
先に発売されていたGTX1660TiとGTX1660のポイント差も128となっています。

またGTX1660Tiは規格が更新されてGDDR6となっています。
それに対しGTX1660は旧モデルのGTX1060と同じGDDR5になっています。

GTX1660をGTX1660Tiよりも低価格で販売するためにGDDR5に据え置きとなっているのでしょう。

動画編集の性能重視で考えれば少しでもCUDAコア数が多く、性能の良いグラフィックカードを選びたい気持ちになりますが、動画編集の用途によってはGTX1660で十分な場合もあります。

パソコンはグラボをアップグレードすると値段が跳ね上がります。

例えばフルHDのカット編集程度ならGTX1660で必要十分です。

余った予算は内部ストレージに当てれば満足できるパソコンを手に入れることができますよ。

こちらもオススメ⇒【2019年】動画編集でSSDを選ぶときに知っておきたいコト

GTX1660搭載!当サイト限定販売のオススメPC

マウスコンピューターさんと当サイトのコラボでお買い得なパソコンを用意しました。

DAIV-DGZ530S2-VEPC【Windows10】

これから動画クリエイター・YouTuberになりたい方向けに動画編集に必要なアクセサリーやソフトも標準装備のクリエイター向けパソコンです。

169,800円(税別)

公式サイトを見る

2019年9月 増税前のお得なキャンペーン!詳しくはコチラ

DAIV-DGZ530M-VEPC の仕様(ざっくり)

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル® Core i7-9700K プロセッサー
8コア8スレッド/ 3.60GHz/ TB時最大4.90GHz/ 12MB スマートキャッシュ
ビデオカード GeForce® GTX 1660(6GB)
メモリ 16GB (8GB×2/ デュアルチャネル)
ストレージ  1.M.2 SSD 256GB WesternDegital (NVMe対応/M.2規格/PCI Express x4 接続)

2.HDD 2TB Seagate Serial ATAIII 7200rpm (6Gbps/ Serial ATAIII接続)

その他標準オプション ・USB3.0接続 高速カードリーダー【3.5インチベイ取付】
・DVDスーパーマルチドライブ
・PowerDirector14
・PhotoDirector8

マウスコンピューターDAIVと当サイトの2019年コラボパソコン エントリーモデルです。

第9世代のCore i7-9700K、16GBメモリにGeForce1660搭載!

M.2 SSDと2TBのハードディスクのデュアルストレージ仕様でYouTube向けの動画を制作するのに十分な性能を兼ね備えています。

簡単な4K動画も編集できますので、4Kで撮影してフルHDに書き出し、高画質なYouTube動画を出力できます。

インストール済の動画・写真の編集ソフト


動画編集ソフト PowerDirector14

画像編集ソフト PhotoDirector8

サイバーリンク社のPowerDirector14、PhotoDirector8をプリインストールしており、ソフトを持っていない方でもパソコンを購入してすぐに動画編集・RAW現像を始めることができるので、これから動画編集やRAW現像を始めたい方には便利です。

その他の標準装備オプション

DVDマルチドライブ

カードリーダー(USB3.0 UHS-II対応)

DVDドライブ、カードリーダーも標準装備でDVDプレイヤーで再生できるDVDコンテンツも作成できます。

またカードリーダーはUHS-II仕様のSDカードに対応しているので、撮影したデータを高速転送することができますよ。

コラボパソコンについては以下のページでレビュー・検証していますので合わせて読んでみてください。

20万円の予算で動画編集用パソコンをマウスコンピューターに組んでもらいました

DAIV-DGZ530S2-VEPC【Windows10】

マウスコンピューターDAIVシリーズ
動画クリエイター・YouTuber向け当サイトオリジナルパソコン。

169,800円(税別)

公式サイトを見る

2019年9月 増税前のお得なキャンペーン!詳しくはコチラ

他のBTOパソコンのGeForce GTX1660搭載、動画編集向けパソコン

パソコン工房のGTX1660搭載パソコン SENSE by iiyama

パソコン工房のGeForce GTX1660搭載ゲーミングパソコン

LEVEL-R039-LCi9K-RIA

第9世代Core i9に大容量ストレージと6GBグラフィックスを搭載のPC
CPU:Core i7-9700K
グラフィックス:GeForce GTX 1660 6GB
メモリ:16GB
ストレージ:SSD 480GB + HDD 2TB

172,980円(税別)

PC工房公式ページ

ドスパラのGTX1660搭載パソコン GALLERIA

ドスパラのGeForce GTX1660搭載動画編集向けパソコン

GALLERIA XJ

ドスパラのGeForce GTX1660搭載動画編集用パソコン
CPU:Core i7-8700
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX1660(6GB)
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 240TB + HDD 1TB

124,980円(税別)

ドスパラ公式ページ

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP

おすすめ記事

動画編集は低価格でもOK!おすすめノートパソコン10選【2019年版】

おすすめ記事

結婚式ムービーソフト5選と編集作業がはかどるパソコンの選び方

おすすめ記事

YouTube動画の編集にはどんなスペックのパソコンを買えばよいの?