オススメ:動画編集は低価格でもOK!おすすめノートパソコン10選【2021年版】

15万円以内で選ぶ動画編集パソコン

YouTube(フルHD)動画編集なら15万円で十分

※2021年10月に更新しました

初心者の方が動画編集を始めるときの悩みとなるのがパソコンです。

10万円以内で抑えたい気持ちは分かりますが、数万円予算を増やすだけでスペックがかなり上がります。

中途半端なパソコンが一番後悔しますよ

2020年はAMDとインテルの価格競争が激しくなる中、10~15万円以内のパソコンでもかなり性能が良くなっています。

ここでは選ぶのが難しい15万円以内の予算で探す動画編集向けパソコンチェックポイントを解説します。

この動画で動画編集向けパソコンの失敗しない選び方を解説したので、ぜひ視聴してみて下さい。

予算15万円以内でねらい目の動画編集向けパソコンの3つのポイント

予算15万円以内で動画編集向けのパソコンを買うなら次の3つのポイントを押さえておけば満足度の高いパソコンと出会えます。

1BTOパソコンが必須

BTOパソコンメーカーの一つ ツクモ

低価格でも性能の良いパソコンを狙うならBTOパソコンから選ぶ以外に選択肢はありません。

Macのようなメーカーパソコンで動画編集向けを探すと15万円の予算で良いものを選ぶのは難しいです。

その反面、自作パソコンやBTOパソコンと呼ばれるメーカーの動画編集向けパソコンから選べば、かなり性能の良いものが見つかります。

BTOパソコンは家電量販店や直営店でも買えるほか、ネット通販でも自分好みにカスタマイズしたパソコンを買うことができます。

2妥協しないポイントを明確にする

動画編集向けパソコンで妥協したくないメモリー量

10万円前後のパソコンで完璧な性能のパソコンを手に入れるのは難しいかもしれません。

ある程度妥協は必要でしょう

妥協できる点と妥協できない点をしっかり理解したうえでパソコンを購入するのが良いでしょう。

例えば動画編集ではメモリ―量とグラフィックカードは妥協したくないと考えるかもしれません。

だけどこの二つのパーツはデスクトップのBTOパソコンで選ぶ限り、購入後のアップグレードが簡単です。

カスタマイズできるBTOパソコンを選ぶなら、まずは追加や交換がやりずらいパーツを妥協しないで買うのがおススメです。

3画質は追求しない

LUMIX G9の画質設定

スマホでも4K動画を撮影出来るようになり、ついついカメラの最高画質で撮影したくなりますが、15万円以内のパソコンなら扱う画質はフルHDまでと決めてしまうのがおススメです。

自然風景といった、高画質で撮る醍醐味がある場合は4Kやその上の解像度も必要になるかもしれません。

だけどネット動画(YouTube)向けの動画を編集するのに4K素材は不要です。

画質は追求せず、最高でフルHDと決めてしまうのが良いです。

予算15万円でも探せば見つかる高速SSD搭載PC

M.2 SSD NVMe(PCI Express)

予算15万円でパソコンを探す場合、CPU⇒ストレージ の順番で良い性能のパソコンを探しましょう。

この二つは後で交換するのが厄介ですが、15万円の予算であってもCore i7やSSD搭載のパソコンが見つかります。

中でもCドライブに読み書き速度が早いM.2 SSD NVMe対応(PCI Express 3.0以上)を搭載したパソコンを探しましょう。

OSや編集ソフトの起動はSSDの性能がものを言います。

15万円以内で探す!BTOパソコンショップの動画編集用パソコン

ここで解説したポイントをカバーしている15万円以内のオススメBTOパソコンを紹介しています。

以下のパソコンスペックをチェックしてみてください。

マウスコンピューターのクリエイターパソコン

マウスコンピューターとコラボ企画で構成したオリジナルモデル。レギュラー商品よりお買い得です。

DAIV Z5-MVPR(i5-10400 ver)

CPU:Core i5-10400
メモリ:16GB PC4-21300
グラフィックス:GeForce GTX1650 GDDR6(4GB)
ストレージ:M.2 SSD NVMe 512GB + HDD 2TB

119,800円(税込 131,780円)

>>販売ページを見る

G-Tune PM-B-1660Ti-L

第10世代Core i5にM.2 SSDを搭載したパソコン
CPU:Core i5-10400
グラフィックス:GeForce GTX 1660 Ti 6GB
メモリ:16GB(PC4-21300)
ストレージ:M.2 SSD NVMe 512GB

175,780円159,280円(税込)

>>販売ページを見る

パソコン工房のクリエイターパソコン SENSE by iiyama

SENSE-M056-iX4-RBX

第10世代Core i5にM.2 SSDを搭載したパソコン
CPU:Core i5-10400
グラフィックス:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
メモリ:16GB(PC4-21300)
ストレージ:M.2 SSD NVMe 500GB

142,978円(税込)

>>販売ページを見る

ドスパラのクリエイターパソコン raytrek

raytrek MX WiFi/Bluetooth搭載モデル

ドスパラのCore i7-11700搭載クリエイターPC
CPU:Core i7-11700
グラフィックス:GeForce GTX 1650 4GB
メモリ:16GB PC4-21300
ストレージ:M.2 SSD NVMe 500GB

139,980円(税込)

>>販売ページを見る


PAGE TOP

おすすめ記事

結婚式ムービーソフト5選と編集作業がはかどるパソコンの選び方

おすすめ記事

デジタルデータリカバリーってどう?依頼前に山ほど質問してみたよ

おすすめ記事

YouTube動画の編集にはどんなスペックのパソコンを買えばよいの?

パソコンレビュー

【在宅勤務向け】パソコンの選び方を3つのポイントで解説するよ!

おすすめ記事

GoProの撮影データで動画編集するのにおすすめのパソコン6選