Lightroom ClassicCC

Lightroom ClassicCCの使い方をまとめています

Lightroom ClassicCC

Lightroom Classic CCのカタログを復元する方法

Lightroom Classic CCのカタログファイルは時々データ破損を起こすこともあり、常々バックアップファイルを保存しておく必要があります。バックアップしたファイルはZIP形式で圧縮されており、Lightroom Classic CCのカタログ復元にはこのZIPファイルを使用します。

Lightroom ClassicCC

カタログの保存場所が分からない場合はどうやって探せばよい?

Lightroom Classic CCで行った補正などの編集(現像)作業はこのカタログに全て保存されており、万が一カタログファイルを削除してしまうとLightroomで行った作業が全て失われることになります。カタログは非常に重要なファイルですが、写真を読み込みすると自動生成されるので、どこに保存しているのか分からない方もいるのではないでしょうか?

Lightroom ClassicCC

Lightroom Classic写真読み込みの手順と注意したいポイント

Lightroom ClassicCCではまず撮影した写真を読み込むことから始まります。手順自体は非常にカンタンですが、注意したいポイントがいくつかあります。読み込みに失敗すると後々整理が大変になることもあるでしょう。このエントリーではLightroom ClassicCCの写真読み込みの手順と、Lightroom初心者の方が陥りがちな失敗例や注意点を解説いたします。

Lightroom ClassicCC

Lightroom Classic CCを始める前に必須のカタログ設定

Lightroomはインストールしたばかりの時点で理解して設定しておかなければならないことが4つあり、何も知らずに始めると写真が正しく整理できず後々大変面倒なことが起きる可能性があります。ここではLightroom ClassicCCのインストール直後にやるべき環境設定について解説していきましょう。