ドローンの用途はどこまで広がる?日本のドローン使用方法


日本ではドローンの規制がどんどん厳しくなっていることが取り上げられておりますが、ドローンユーザーは着実に増加しております。

国内では撮影用のドローンばかりではなく、様々な用途で社会の役に立っています。

この動画ではドローンが低価格で作ることができる理由や、産業用ドローンとホビードローンがどう違うのか解説してくれています。一度視聴してみましょう。

空撮によるデータ分析

ドローンは安定した飛行をすることができ、カメラを付けて空中から写真や動画を撮影することが可能です。

コストがかからず、ダイナミックな写真や映像の撮影を可能とした空撮技術は、分析の分野で活かされています。

産業利用を前提とした分析と解析、そして蓄積のためデータ収集の媒体として、用途が広がっているのです。

たとえば国土交通省が提唱する測量の分野においても、空中から安定性の高い撮影が可能なドローンに期待の声が高まっています。

空中からの点検業務

ドローンの用途として、点検業務は比較的早いタイミングから取り組まれていました。

点検内容も幅が広く、単純に空中から写真や動画を撮影するといったシンプルな方法が多くなっているようです。

他にも高い機能性を活かして、赤外線カメラやRFIDを用いた点検業務まで行われるようになりました。

たとえば屋根の上の点検作業ですが、わざわざ屋根に上る必要がなくドローンによって簡単に確認ができるのです。

転落事故の減少や、上る回数を減らすためのソリューションとして、ドローンの用途が広がっているのです。

警備分野での活躍

ドローンは、安定した飛行によって空撮が可能なため、その特性から警備員の代わりに空から巡回する方法が行われています。

セキュリティの面から考え社会貢献度の高い用途の一つであり、これからの技術の進歩が期待されているところです。

空撮用のドローンが何か異変を感じた場合、警備センターに連絡するなどのシステムが整えば、防犯効果は高まります。

無人操作と技術の確立、さらに人工知能を搭載すればより安全かつ質の高い警備が可能となるのです。

ドローンにはまだまだ期待できる用途があり、これからの社会において必要性が高まることは間違いありません。
より身近なものとなり、社会を良くしてくれることでしょう。

最近の記事 おすすめ記事
  1. djiphantom4,dji phantom4,dji ファントム4,ファントム,プロペラガード
  1. 登録されている記事はございません。
ブログ一覧