ドローンパイロットになるための近道とドローンの仕事内容とは?


ドローンは現在のところ(2018年2月時点)特別な免許を必要としません。

ではドローンを購入すれば誰でもドローンビジネスを取り組むことができるのでしょうか?

ドローンビジネスはそんな甘いものではありません。

ドローンパイロットになるためには、スクールを卒業後、パイロット認定証を入手しなければなりません。

この動画ではドローンパイロットの基本的なトレーニングを解説してくれています。

ドローンの用途は空撮だけではありませんが、トレーニングでは主にカメラ搭載のドローンを使用します。

空撮した映像から操縦者のドローン操作技術をチェックでき、操作中のクセや誤った操作方法を的確に発見して技術を向上させることができるのです。

ドローンスクールに通うべき

機体そのものは規制がありますが免許はなく、誰でも操縦することができます。

しかしプロとして操縦することで収益を得るドローンパイロットは、認定証が手に入るスクールに通う必要があります。

運転免許が必要な自動車とは違い、ドローンパイロットではスクール発行の認定書は必須ではありません。

公文書でもなく、国家資格なども現時点では存在しません。

しかしパイロットとして活躍するためには、操縦に関する技術を第三者に示さなければなりません。

よほどの実績がない限り、現場での活躍では認定書を手にすることは必須と言えるでしょう。

ビギナーは認定書を手にすることを最初の目的とし、まずは飛行に関する基礎操縦のコースを受けることです。

パイロットとして腕を磨くためには、基礎を身に付けた上で上級コースも受講すべきです。

ドローンを使った仕事の内容

パイロットが操縦を行いながら担う仕事としては、工事予定地の空撮や高所設備の点検のための撮影などが挙げられます。

ドローンを飛行させることで、空から広々と撮影して様子をチェックすることや人の目が届かない場所まで確認可能です。

仕事ではなく趣味で空撮を行う人も多いですが、企業にとっては飛行撮影の技術が向上するためプラスとなります。

ドローンパイロットが一人で撮影した映像をプロデュースすることで、作業フローがスムーズになるメリットも存在します。

撮影したものを動画サイトやSNS上にアップすることで、宣伝にもなりパイロット自身のモチベーション維持にもなるのです。

各個人や企業がドローンを採用することで、ビジネスがスマートに広がります。

ドローンパイロットは国家資格ではありませんが、活躍のためには認定書が必要となります。

空撮によって現場の様子のチェックやデータ分析が可能となり、様々な分野で評価されます。

最近の記事

  1. 【特典付き】日本ドローンアカデミーの無料説明会を受けてみた。…

  2. 東京にあるドローンの教習所 秋葉原ドローンスクールで説明会受…

  3. ドローンスクールジャパン東京中目黒校の体験コースを受けてみた…

  4. Phantom4用バッグ人気ランキング5選…

  5. Phantom4はどう変わった?Phantom4とPhant…

  6. djiphantom4,dji phantom4,dji ファントム4,ファントム,プロペラガード

    Phantom 4のプロペラガードは本当に買った方が良い?…

最近の記事 おすすめ記事
  1. djiphantom4,dji phantom4,dji ファントム4,ファントム,プロペラガード
  1. 登録されている記事はございません。
ブログ一覧