Phantom4用バッグ人気ランキング5選



Phantom4を購入したら早速飛ばしに行きたいところですが、ドローンの持ち運びには専用のバッグが必要になります。

Phantom4には純正の専用バッグもありますが、複数のバッテリーや送信機、iPadを合わせて持ち運ぶならサードパーティ製のバッグを選ぶのも良いでしょう。

ここではPhanotom4専用バッグのうちユーザーに評価が高い製品を5つ選んで紹介します。

DJI Phantom 4 Advanced

Phantom4用バッグ人気ランキング5選

Smatree DJI Phantom 4対応ケース


phantom4のオリジナル発泡スチロールケースを有効活用できるのが、Smatree DJI Phantom 4対応ケースです。

ケースが付属されていないため、オリジナルケースをバッグに入れるだけの作りになっています。
ケース自体がバッグとセットになっているものもありますが、発泡スチロールをカッティングしなければフィットしないケースもあります。
オリジナルケースを流用することにより、他のケースよりもしっかりとドローンを固定できます。


バックのサイドにはペットボトルが収納可能なスペースや、背面にはタブレットが用意に入るファスナー付きのポケットがあります。
機内に持ち込みがギリギリ可能なサイズというのも、気軽に旅行に持っていけるでしょう。

Smatree DJI Phantom 4対応ケース

サンワダイレクト PHANTOM 4 バックパック

ドローン用バッグの多くは収納レイアウトが固定されているものが多いです。
サンワダイレクト PHANTOM 4 バックパックの特徴とも言えるのが、自由に収納レイアウトを工夫できることです。

間仕切りパッドを利用してレイアウトできるため、その時に必要になる物だけを持っていくことができます。
蓋裏ポケットには、チャック付きのメッシュポケットがあり、小物の収納にもおすすめです。
背面や側面にもポケットがあるため、スマホやペットボトルなどを入れられて便利でしょう。

phantom4が動かないように間仕切りカバーにより固定されますので、不安定な状態にはなりません。
容量が大きいため外見も大きくなってしまいますが、背中に背負うバッグになるため、大きさは気にならず使用できるでしょう。

サンワダイレクト PHANTOM 4/3/2対応 バックパック

Lykus DJI Phantom 4 防水バックパック

Lykus DJI Phantom 4 防水バックパックなら、急に雨が降ってきても安心な防水仕様のバッグです。

アウトドアでは急な天候の変化もありますが、濡らしては困るスマホやタブレットなどを収納できるスペースが十分に用意されています。
用途に合わせて所持品を調整できるように、上部スペースは仕切りによって調整が可能です。

荷物を満載にしても重みを感じさせないように、背面パッドや腰パッドが付属されています。
本格的な登山など長時間背負っていたとしても、肩だけでなく背中や腰に重さを分散できるため、アウトドアをより快適にしてくれるでしょう。
防水性もあるphantom4用のバッグは、最も優秀という評価もあるほどです。

Lykus DJI Phantom 4 防水バックパック

Youtumall DJI Phantom4専用バッグ

Youtumall DJI Phantom4専用バッグの特徴は、バックパックタイプにも関わらず衝撃に非常に強い点です。
手提げタイプよりも衝撃に耐える必要がありませんが、安心感はさらにアップするでしょう。

小さめの作りになっているため、ドローンとアクセサリー以外の収納スペースはほぼありません。
バックパックタイプの多くは、ポケットがいくつか付いているものが多いですが、サイズが大きめになってしまいます。

最小限のサイズで、phantom4を飛ばすのに必要な物だけを入れることができるバッグになります。

自分で加工できる人は、多少のカッティングなどでアンテナも収納可能です。
しっかりとした作りなので、長期的な使用を考えても扱いやすいでしょう。

Youtumall 新作バックパック For DJI Phantom 3/4 専用バッグ

Blueskysea ショルダーバックパック

小型のバックパックタイプには収納スペースが少ないという不満を解消できるのが、Blueskysea ショルダーバックパックです。

それほど大きなスペースがあるわけではありませんが、小物を入れるポケットがあるだけで使い勝手は大きく変わるでしょう。

phantom4を中に入れてしまうと、実質収納スペースはなくなりますが、バックの両側面にスペースがあります。
背負うことはもちろんですが、しっかりとしたハンドストラップにより手に持つ際にも扱いやすいです。

外見からは軽そうに見えますが、1.61kgと重量はハードタイプとそれほど変わりません。
体への負担を軽減するために、胸の前で調整可能なストラップや背中のパッドが付属されています。

関連記事

  1. DJI Spark購入前に知っておきたいスペックまとめ

  2. Mavic Airの予備バッテリーはいくつ必要?

  3. MAVIC PROの最高高度は?実際どこまで飛ばせる?

  4. DJI Sparkのバッテリーの持ちはどのぐらい?

  5. MAVIC PROの追尾の感度はどう?実用面で問題ないか?

  6. dji MavicAir,Mavic Air,最高高度

    DJI Mavic Air の最高高度・最高飛行距離は実際ど…

人気のドローン評判まとめ

最近の記事 おすすめ記事
  1. djiphantom4,dji phantom4,dji ファントム4,ファントム,プロペラガード
ブログ一覧