アフターエフェクトで文字を一文字ずつフェードイン・アウトする手順

アフターエフェクトで文字を一文字ずつ出現させるアニメーションの手順を応用するとフェードイン・フェードアウトもできます。

やり方はとっても簡単です。

文字エフェクトの中でも使用頻度が高いのでぜひチェレンジしてみましょう。

アフターエフェクトで文字を一文字ずつフェードイン・アウトする手順

まず背景にする平面とテキストレイヤーを作成します。

平面の作成方法
テキストの作成方法

文字を一文字ずつフェードアウト

平面レイヤー,文字レイヤー平面レイヤーが文字の背景になるように、文字レイヤーを上に設置します。
アフターエフェクト,一文字ずつ文字はテキトーに入力します。サンプルは「Animation」と入力します。
アフターエフェクト,一文字ずつテキストを選択した状態でプロパティを開きます(テキスト左の?をクリックする)。

するとアニメーターの追加(アニメーター:?)があるので、不透明度を選択します。
アフターエフェクト,一文字ずつするとプロパティに不透明度が現れます。
アフターエフェクト,一文字ずつ不透明度の数値を0%にします。
アフターエフェクト,一文字ずつ

次に範囲セレクターのプロパティを開き、終了の値を0%に設定します。

そしてタイムラインインジケーターがアニメーションの開始位置になっているか確認してから、終了の左にある時計マークをクリックしてキーフレームを打ちます。

アフターエフェクト,一文字ずつ

次にアニメーション終了位置までタイムラインインジケーターを移動し、終了の値を100%に設定します。

これでテキストが一文字ずつフェードアウトするようになります。

文字を一文字ずつフェードイン

これとは反対に一文字ずつフェードインさせる方法を解説します。

アフターエフェクト,一文字ずつ

範囲セレクターの開始の値を100にします。

すると文字が左から一文字ずつフェードインします。

アフターエフェクトで文字を一文字ずつフェードイン・アウトする手順 まとめ

これで文字のフェードイン・フェードアウトが出来ますね。

次はこのフェードインするテキストが円形に動くアニメーションを解説しましょう。

参考:アフターエフェクトで文字が回転するアニメーションを作成する手順

アフターエフェクトの文字を動かす基礎講座 目次に戻る

講師・企業のブランド力を飛躍的に引き上げる動画テンプレート

素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます

被写体をカリスマ化させる動画収録・編集講座

被写体をカリスマ化させる動画収録・編集講座で学べること

  • 音楽PV、ハリウッド映画に学ぶギャップの法則
  • ドキュメンタリーは三部構成 そのストーリー構成
  • 思わず最後まで見てしまう映像のつかみ
  • 一瞬で惹きつけるためのBGM選び
  • 失敗、挫折シーンは作れる?ドキュメンタリー素材を作る方法
  • 等々、講師や経営者のカリスマ性を引き出し圧倒的なブランドを築くための映像制作技術が学べます。

    オンライン講座について詳しく見る

    関連記事

    1. Adobe AfterEffectsヘルプよりも分かりやすいショートカ…

    2. アフターエフェクトで分厚い立体感のある文字アニメーションを作る手順

    3. MotionArray

      MotionArrayを契約してみましたよ!海外のAEテンプレートサイ…

    4. アフターエフェクトで文字にキラリと光るレンズフレアを適用する方法

    5. After Effectsの作業効率がアップする初心者が必ず読むべき6…

    6. アフターエフェクトの3Dレイヤー講座その1 文字にシャドウを作る

    7. Photoshopで作ったテキストをアフターエフェクトで編集する方法

    8. アフターエフェクトが使えるようになるために必要不可欠な5つの要素