【アフターエフェクト基本】文字レイヤーを中央に配置する手順

アフターエフェクトでオープニングムービーを作成するときに文字やロゴを画面の中央に配置する必要があります。

目分量で配置しても構いませんが、正確に画面の中央に配置したい場合に便利な方法があります。詳しく解説しますね。

【アフターエフェクト基本】文字レイヤーを中央に配置する手順

新規コンポジションを作成して平面と文字を作成します。

そして平面の上に文字を配置しましょう。

文字と平面の作成方法
平面の作成方法
テキストの作成方法

文字が画面全体の中央に配置されているか確認しやすいようにタイトルセーフラインを表示します。

コンポジションパネルの左下にガイドラインのアイコンがあるので、その中から「タイトル/アクションセーフ」を選択して表示しましょう

次にメニューバーの「ウィンドウ」内にある「整列」を確認します。

初期設定ではチェックされていない場合があるので、ここにチェックをします。

すると画面の右下に整列のタブが開きます。

次にレイヤーパネル内の文字を選択します。

つぎに整列タブ内の「水平方向の中央に整列」を選択します。

最後に「垂直方向の中央に整列」を選択。

文字を画面の中央に配置することができました。

文字レイヤーを中央に配置する手順 まとめ

こんな感じ。

PremiereProなど、動画編集ソフトで定番の中央配置はAfter Effectsの場合「整列」のウィンドウで実行できますよ。

アフターエフェクトの文字を動かす基礎講座 目次に戻る

合わせて読みたい記事

アフターエフェクトの3Dレイヤー講座その1 文字にシャドウを作る
アフターエフェクトで分厚い立体感のある文字アニメーションを作る手順
アフターエフェクトで文字に金属のようなツヤと光を適用する方法

講師・企業のブランド力を飛躍的に引き上げる動画テンプレート

素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます

被写体をカリスマ化させる動画収録・編集講座で学べること

  • 音楽PV、ハリウッド映画に学ぶギャップの法則
  • ドキュメンタリーは三部構成 そのストーリー構成
  • 思わず最後まで見てしまう映像のつかみ
  • 一瞬で惹きつけるためのBGM選び
  • 失敗、挫折シーンは作れる?ドキュメンタリー素材を作る方法

等々、講師や経営者のカリスマ性を引き出し圧倒的なブランドを築くための映像制作技術が学べます。

オンライン講座について詳しく見る

  1. 被写体をカリスマ化させる動画収録・編集講座

    0から始めるノウハウ動画の作り方を解説…
  2. 初級コース

    動画編集を独学でマスターするのに役立つ重要なソフト解説本8選…
  3. 被写体をカリスマ化させる動画収録・編集講座

    採用動画の制作を受注したら活用したい構成テンプレートを解説…
  4. 被写体をカリスマ化させる動画収録・編集講座

    失敗しないインタビュー動画の作り方…