Phantom 3のケース購入に迷ったらハードシェルケースを選ぼう

Phantom3を持って海外旅行に行く場合、ハードケースに入れて持ち運ぶでしょう。

比較的大柄なドローンのPhantom 3の持ち運びは、専用のケースを使うと便利です。

ここでは、DJI ドローン用のカメラリュック ハードシェルバックパックを紹介します。

DJI ドローン PHANTOM 3 STANDARD

壊れにくい!防水もばっちりのPhantom3専用ハードシェルバッグ


このリュック型のバックパックは、丈夫で使いやすいと評判です。

そして内部にはdji Phantom 3本体と送信機、その他にバッテリー3個と充電器、更にプロペラセットが2個入ります。

バックパックの外側は耐衝撃性に強いABSで作られていて、スーツケースのような頑丈さを感じさせます。


また、内側は弾力性のあるEPP製で、上記のPhantom 3本体などがすっきりと収納できます。
それから背の部分には、DJIのロゴが入っています。

これはリュック型バックパックと銘打っていますが、手に持つためのハンドルも付いています。
重さは約1.5キログラムですから、Phantom 3と付属品を収納しても約3キログラムといったところでしょう。

背にあたる部分と腰があたる部分がクッションになっていますので、背負いやすいバックパックと言えます。
何にしても壊れやすいドローンを安全に運ぶには、このリュック型バックパックは一押しですし、レビューの評判も上々です。


このバックパックには防水とは書いてありませんが、造りがしっかりしていますので少々の雨には耐えられるようです。
値段は少し高いですが、すぐ壊れるような安物を買うよりは長い目で見るとお得でしょう。

DJI ドローン用カメラリュック PHANTOM 3 NO.52 ハードシェルバックパック

関連記事

  1. MAVIC PROの最高高度は?実際どこまで飛ばせる?

  2. 動画で学ぶPhantom 3スタンダードの初期設定からフライ…

  3. MAVIC PROを屋内で飛ばす時のコツ

  4. DJI Sparkのバッテリーの持ちはどのぐらい?

  5. dji MavicAir,Mavic Air,フライモアコンボ

    DJI Mavic Airはフライモアコンボで買うべきか?

  6. DJI Sparkの充電器は満充電にどのぐらいかかる?

人気のドローン評判まとめ

最近の記事 おすすめ記事
ブログ一覧