DJI Mavic Airを買う前にチェックしておきたいこと

ドローンメーカーのDJIから2018年最初に発売したのがMavic Airです。

MavicAirは従来機種であるMavic ProやPhantom4、DJI Sparkの良いとこ取りをしたドローンとして高い評価を得ていますが、購入する前に注意が必要です。

低価格とはいえ10万円以上するドローンです。

特に初めて購入したドローンで失敗したら目も当てられません。

そうならないようにするために、ここではMavic Pro購入時にチェックしておきたいことについて解説いたします。

DJI ドローン Mavic Air

DJI Mavic Airを買う前にはサイズやスペックをチェック


コンパクトなサイズに折りたためるMavic Airの飛行時間は最大21分、バッテリー1つで実際には15分ほど飛ばせます。

もっと飛行時間を確保したい人は、予備のバッテリーがあわさったフライモアコンボを購入するか、個別に予備バッテリーを購入しなくてはいけません。

Mavic Airのカメラで撮影された公式動画も公表されています。
カメラの性能が気になる場合は、事前にチェックしてください。

動画撮影に限らず、Mavic Airにはドローンとしてアクティブトラック機能や、スマートキャプチャー機能なども搭載されています。

それぞれの機能や外観の特徴は、判断基準としてレビューが大いに役立つでしょう。

DJI Mavic Airの同梱物と使い方も重要なポイント

Mavic Airはスタンダードとフライモアコンボの2つがあり、フライモアコンボの方がお得な仕様になっています。

同梱物はスタンダードであっても、必要なものが一通り揃っているように見えます。

それでも不便を感じることなくMavic Airを楽しむためには、これ以外にもいくつかアイテムが必要になりますので、気をつけてください。

実際にドローン用のヘリポートやメンテナンスグッズなどを別途準備できれば、Mavic Airをより便利に活用できると言われています。

一方、Mavic Airを含む無人航空機は、日本国内の飛行ルールや電波法に従って運用していくことが重要です。
無許可で飛行できない空域も存在します。

そのため購入前にどのような場所でMavic Airを利用するのか、あらかじめ確かめておきましょう。

Mavic Airを購入する前にはスペックや特徴に加えて、公式動画やレビューもあわせてチェックするのがおすすめです。

飛行ルールや電波法についても事前に知っておけば、トラブルを避けながらMavic Airを楽しめるでしょう。

DJI Mavic Air フライモアコンボ

関連記事

  1. 動画で学ぶPhantom 3スタンダードの初期設定からフライ…

  2. DJI Sparkを室内で飛ばすことができるか?

  3. DJI Sparkは本当にお買い得か?ドローンレビュー

  4. MAVIC PROの追尾の感度はどう?実用面で問題ないか?

  5. Phantom4はどう変わった?Phantom4とPhant…

  6. DJI Sparkの自動追尾機能を検証してみる

人気のドローン評判まとめ

最近の記事 おすすめ記事
ブログ一覧