MotionArrayを契約してみましたよ!海外のAEテンプレートサイトレビュー

※2022年9月に更新しました。

オープニングにカッコイイモーション動画やタイトルロゴが現れる動画をよく見かけますよね。

ウェブ用動画でもオープニングのCGやタイトルロゴ映像があると断然クオリティがアップします。

なのでオープニングの品質にこだわることは視聴者を多く得られるかどうかのカギとなりますよ。

カッコイイオープニングのモーション動画を作るならAfterEffectsが便利ですが、AfterEffects初心者さんにとってはハードルが高いかもしれません。

そんなときに便利なのがAfterEffectsテンプレートの配布サイトです。

テンプレートに自分が撮影した動画やロゴ画像・写真を当て込むだけでカッコイイオープニング動画が完成します。

AfterEffectsテンプレートの配布サイトは日本語対応のサイトもありますが、実は海外のサイトのほうがオススメです。

特に欧米のAfterEffectsテンプレート配布サイトのほうがカッコイイテンプレートが多く、他のクリエイターがあまり使っていないのも魅力です。

私は「MotionArray」というサイトを見つけました。

MotionArrayにはAfter EffectsテンプレートはもちろんPremiereProのテンプレート、トランジション、カラープリセットもダウンロードできるようになっています。

ここではMotionArrayの有料テンプレートの購入方法やインストールのやり方など解説してみようと思います。

Motion Array

ムービーアカデミーはMotion Arrayとパートナーシップを締結しています。

当サイトからMotion Arrayを申込すると、通常価格から50ドル値引きした価格で契約できます。

特別割引のページを確認する

有料のAEテンプレート購入時のポイントと失敗しない契約方法

動画編集で利用できるPremiereProやAfter Effectsのテンプレートは無料で配布しているサイトもあれば、有料で購入できるサイトもあります。

有料テンプレートの販売サイトでも一部は無料で使えるようになっているので、時々チェックすることをオススメします。

知人の動画クリエイターさんに聞いてみると、やっぱりみんな自分お気に入りのAEテンプレートダウンロードサイトがあるみたいですね。

有名どころはVideo CopilotやMotion Elementsで、特に後者は日本語にも対応しているので使い勝手は良いです。

なるべくお金をかけたくない場合は無料のテンプレートを組み合わせて使うのがオススメですが、After EffectsやPremiereProの操作に慣れていない場合は有料のテンプレート一つで制作するのがオススメです。

有料テンプレートは商用利用もできる上、一度購入すれば何度でも使うことが出来るのも便利です。テンプレート制作者のクレジットを入れる必要もありません。

海外の有料テンプレートは月額制と1テンプレート買い切りの2種類があります。
月額制のテンプレート販売サイトでは毎月料金を支払って好きなテンプレートを複数ダウンロードできるようになっています。

そして1点ごとに買い切りのテンプレートよりも低価格になっているのが特長です。
毎月料金の支払いが発生するので負担が大きく感じるかもしれませんが、いつでも解約できるサイトであれば買い切りのテンプレートよりも安く手に入れることが出来るでしょう。

MotionArray

After Effects・PremiereProのテンプレート販売サイト MotionArray

MotionArrayでは無料テンプレートのほかに有料のテンプレートが販売されており、支払い方法は月額ライセンスのみとなっています。

MotionArrayの料金プラン

有料の月額ライセンス契約は3種類用意されており、ひと月29.99ドルが請求されるMonthlyプラン・年間の利用料金を一括で支払うAnnualプランと、複数人員で利用するTeamプランの3つがあります。

マンスリープラン月額29.99ドルで有料テンプレートが無制限でダウンロード可能
年払いプラン年払い249ドル(月換算で19ドル)で有料テンプレートが無制限でダウンロード可能
チームプラン一人18.75ドルで有料テンプレートが無制限でダウンロード可能

※価格は2022年9月時点のものです。

どのプランも契約後に無料プランや他のプランへの変更がいつでもできるようになっており、契約期間の縛りがありません。

欲しい有料テンプレートが見つかったら、とりあえずマンスリープランを契約して、その後必要がなければ無料プランに戻せばいい。

こんな感じで気軽に契約しましたよ。

ロイヤリティフリー音源やPremierePro用テンプレートも豊富なMotionArray

MotionArrayのロイヤリティフリー音源

MotionArrayはアフターエフェクトのテンプレートだけではなくロイヤリティフリー音源やPremiereProのテンプレート・プリセットもダウンロード出来るようになっています。

またAfter Effectsで便利なテキストアニメーションプリセットなども豊富で、どれもこれもカッコイイアニメーション動画を作るのに活用してみたくなります。

私は最初29ドルのマンスリープランで入会しましたが、サービスとダウンロード商品の質が良いのが分かったので年払いプランに変更しました。

私は欲しいと思ったAfter EffectsのテンプレートのほかにPremiereProのトランジションプリセットとカラープリセットをダウンロードしました。

MotionArrayのマイアカウントページ

購入したテンプレートやプリセットはマイアカウントから何度でもダウンロード出来るようになっています。

私はこれまで購入したAfter Effectsテンプレートやロイヤリティフリー音楽は外付けHDDに保存していますが、MotionArrayならテンプレートデータを喪失してしまった場合も問題ありません。

再ダウンロードすればOKです。

初心者でもすぐに使える?海外サイトのテンプレートに不安はないの?

テンプレートやプリセットを使ったことがない方は、購入後問題なく制作に使えるかどうか心配ですよね。

MotionArrayはダウンロードファイルにチュートリアル動画を紹介するPDFファイルを同梱しています。

MotionArrayのダウンロードファイルの中身

PDFに明記されているリンクの動画を見るか、もしくはMotionArrayのサイトに公開されているチュートリアル動画を見ればなんとなく分かるはずです。

私もAfter Effectsについて基礎的なことぐらいしか分かりませんが、以下のチュートリアル動画を見てなんとなく使えそうだと思ったので入会しましたよ。

参考:How To Use After Effects Photo/Video Templates | MotionArray

この動画を見てもさっぱり使い方が分からない場合は難しいかもしれませんが、PremiereProなら使えるって方はPremiereProのテンプレートを選ぶっていう手もアリでしょう。

要はカッチョイイオープニングアニメーションを最短で制作出来れば良いので。

私が使ってみたテンプレートについては随時このブログで使い方を解説してみますね。

参考:アフターエフェクトテンプレートレビュー MotionArray コーポレートスライドショー

クレジットカードの支払いはいつ請求される?MotionArrayの決済について

MotionArrayはクレジットカードでライセンスを購入することが出来ます。

手続きが完了したらすぐにテンプレートをダウンロードできます。

MotionArrayのマイアカウントページ

MotionArrayのマイページの「Invoice」を選択すると契約更新日が明記されています。

これで次の更新日も予想できますし、いつ引き落としがあるのかも分かります。

領収書もこのページからダウンロードできるので、税申告に必要な書類も簡単に手に入ります。

MotionArrayのマイアカウントページ

「Manage Subscription」を選択すると現在契約しているプランを確認できます。

「Change plan」を選ぶと、簡単にプランを変更することもできます。

MotionArrayは250GBのストレージも使える

MotionArrayのマイアカウントページ

またMotionArrayは250GBのクラウドストレージも利用できます。

例えば自分の制作物やデジタルコンテンツをMotionArrayのファイルストレージにアップロードし、アクセスパスワードを設定してパスワード付きURLをシェアすることも可能です。

(埋め込みは出来ません)

これでコンテンツ販売もできるでしょう。

MotionArrayを契約してみましたよ!海外のAEテンプレートサイトレビュー まとめ

こんな感じ!

After Effectsのテンプレートは活用すれば、自分が作ることが出来ないアニメーションやモーションエフェクトを利用した動画を制作することが出来ます。

プロのVFXクリエイターさんは何十個ものテンプレートやエフェクトを重ね合わせて映画の1シーンを作るそうなので、初心者さんでも積極的にテンプレートやプリセットを取り入れても良いのではないでしょうか。

ハイセンスな有料のテンプレートを使ってみると、「プロの方はこうやってAfter Effectsを使っているんだー。」って感じで初心者さんにはたくさんの発見があります。

最初からオリジナルのアニメーションを作るのも良いですが、プロの作品を学ぶつもりでテンプレートを購入するのもアリではないでしょうか。

MotionArrayは毎月定期的にテンプレートをダウンロードしたい方は年払いをお勧めします。

また1年間のライセンス費用を先払いすると100ドル割引されるので、たくさんダウンロードしたい方は年間ライセンスがお得でオススメです。

Motion Array

ムービーアカデミーはMotion Arrayとパートナーシップを締結しています。

当サイトからMotion Arrayを申込すると、通常価格から50ドル値引きした価格で契約できます。

特別割引のページを確認する

関連記事

  1. アフターエフェクトの3Dレイヤー講座その1 文字にシャドウを作る

  2. アフターエフェクトのタイムラインをスムーズに再生する3つの方法

  3. After Effectsの作業効率がアップする初心者が必ず読むべき6…

  4. アフターエフェクトで分厚い立体感のある文字アニメーションを作る手順

  5. アフターエフェクトで文字にキラリと光るレンズフレアを適用する方法

  6. アフターエフェクトが使えるようになるために必要不可欠な5つの要素

  7. アフターエフェクトで文字に流れる光のアニメーション効果を適用する手順

  8. アフターエフェクトの基礎が全て分かる初心者必読の設定10選