DJI Sparkのバッテリーの持ちはどのぐらい?

ドローンで気になるのがバッテリーの持ちと飛行時間です。

カメラのバッテリーなら、撮影中でもさっと交換すれば問題ないでしょう。
しかし、ドローンは飛行中にバッテリーが切れたら大変です。
墜落して運よく人に当たらなくてもドローンは大破するでしょう。

そうならないためにも着陸までのバッテリー残量を計算することと、予備バッテリーが欠かせません。

ここではDJI Sparkの現実的なバッテリーの持ちはどのぐらいなのか調べてみることにしました。

DJI Spark(アルペンホワイト)


DJI Sparkは小型軽量の作りですから、バッテリーも小さく飛行時間が約16分となっています。

バッテリー残量が残り少なくなってくると操縦不能になるケースもあるので、電池残量が30%前後で着陸させることも考えると実際は16分飛べません。

そのため、予備のバッテリーがないと十分楽しむことができないでしょう。

では2つなら大丈夫かどうかですが、DJI Sparkを使っている人の間ではやはり2個でも不満だそうです。

ユーザーの意見で多いのは3つないし4つのバッテリーを用意しておいて、ある程度長い時間飛行を楽しむ使い方が良いということです。

またバッテリーの充放電は200回程度が限度という話ですから、ハードにDJI Sparkを使う人は何度も予備バッテリーを購入することになるでしょう。

お値段がもう少し安いと良いですよね…

DJI Spark インテリジェント・フライトバッテリー

これがあると超便利!DJI Sparkのバッテリー充電に困ることがなくなるアイテム


DJI Sparkは室内で飛ばしているのでしたら、バッテリーの充電もAC100Vのコンセントからすぐにできますが、屋外では話が違ってきます。

屋外では自動車のシガーソケットから充電できるアダプターもありますが、時間がかかるようです。

そんな時には、大容量のモバイルバッテリーが役立つでしょう。

できれは、AC100VやDC12V、あるいはUSBなど充電端子の沢山付いた製品が便利です。

バッテリー駆動の機器は、どうしてもバッテリーの性能によって使い方の制限を受けます。

モバイルバッテリーがあれば、外出先での制限を少しでも緩和してくれるでしょう。

EasyAcc 20000mAh 大容量モバイルバッテリー 4出力ポート 2入力ポート 高速充電

またDJI Spark用のバッテリーを合わせて3個、40分で充電できる充電器もあります。

Smatree DJI Sparkバッテリーはモバイルバッテリー機能を内蔵しており、外出先での充電に困ることはなくなりますよ。

DJI Sparkの本格的なフライト撮影には必須のアイテムです。

Smatree DJI Sparkバッテリー用充電器

関連記事

  1. DJI Sparkを室内で飛ばすことができるか?

  2. Phantom 3の最高高度と高度上限を設定する方法

  3. Phantom4はどう変わった?Phantom4とPhant…

  4. DJI Sparkの充電器は満充電にどのぐらいかかる?

  5. DJI Spark用のバッグを買うならこれがオススメ!

  6. MAVIC PROの価格を比較!どこで買うのが一番イイ?

人気のドローン評判まとめ

最近の記事 おすすめ記事
ブログ一覧