DJI Sparkの充電器は満充電にどのぐらいかかる?

DJI Sparkは難しいと思われていたドローン操作のイメージを覆す操作性を装備しました。

これによりドローンがぐっと身近になり、撮影に使われる頻度も多くなるに違いありません。

しかし一点短所を挙げるとすれば、DJI Sparkは最大飛行時間16分という制限があることでしょう。

ここではDJI Sparkユーザーが行っているDJI Sparkのバッテリー消耗の対処法や便利なアイテムを紹介しましょう。

DJI Spark(アルペンホワイト)

DJI Sparkを充電するとどのぐらい時間がかかる?


DJI Sparkの充電時間は、DJI公式HPによりますと専用充電器で55分、USBケーブルを使った充電は80分となっています。

しかし、この時間で満充電できるかどうかは環境によるようで、公称の2倍から3倍かかる場合もあるそうです。

DJI Sparkは専用充電器の方が充電時間か短いようですが、今ではAC100Vのコンセントが使える汎用のUSB充電器もあります。

また自動車のシガーソケットに差し込むと、USB充電できる変換器も販売されています。

よってDJI Sparkのバッテリーは、USB充電する方が多いのではないでしょうか。

いざとなりましたら、ノートパソコンのUSB端子から充電することもできます。

それから、DJI Spark用バッテリーを充電できる専用モバイルバッテリーも販売されています。

これを使うと、屋外での充電が楽にできます。

Smatree DJI Sparkバッテリー用充電器

この動画はモバイルバッテリーを使い、DJI SparkのバッテリーをUSBケーブルで実際に充電しています。

ここで使用しているモバイルバッテリーは手のひらサイズの小さなもので、何回DJI Sparkの充電ができるのか不安でしょう。

動画をみますと約45分経った時点で、DJI Sparkのバッテリーのランプがグリーン3つ点灯しました。

この場合、60パーセントから80パーセント位充電できたと推察できます。

そして、最終的に充電が終了したのは1時間40分、つまり100分後でした。

これはUSBケーブルを使った充電の公称している時間に近いですから、まあまあ公称値に嘘はないと言えます。

ここで使っているモバイルバッテリーは、26800mAhの容量の製品だそうです。
1回DJI Sparkのバッテリーを満充電しても、モバイルバッテリーの容量は半分くらい残っていたと言う話です。

EasyAcc 26000mAh 大容量モバイルバッテリー 4台同時充電 高速充電

関連記事

  1. Phantom 3のレンズフィルターを交換・新調する前に読む…

  2. DJI Sparkを室内で飛ばすことができるか?

  3. djiphantom4,dji phantom4,dji ファントム4,ファントム,プロペラガード

    Phantom 4のプロペラガードは本当に買った方が良い?

  4. MAVIC PROにオススメ!純正バッグより優れた収納バッグ…

  5. djiphantom4,dji phantom4,dji ファントム4,ファントム,バッテリー

    Phantom 4のバッテリー購入時に知っておきたいコト

  6. DJI Sparkの実際の飛行距離は?どこまで飛ばせるの?

人気のドローン評判まとめ

最近の記事 おすすめ記事
ブログ一覧