セミナー講師のための撮影構図

セミナー講師のための撮影の構図について解説します。

セミナー講師の撮影は講師が自分で撮影する(自撮り)場合とセミナー講師をセミナー会場で撮影する場合とふたつのケースがあるでしょう。

中でも講師を画面の中にどのぐらいのサイズで撮影すればよいのか?非常に悩ましく考えるはずです。

この記事は有料会員用の記事となります。このコンテンツを閲覧するには下記よりお申込みが必要です。「被写体をカリスマ化させる動画収録・編集講座」スペシャルセミナー動画をぜひ体験してください。

関連記事

  1. 欲しい受講生の声を引き出すインタビューの仕方とは

  2. 実績0から映像制作をビジネス化する方法

  3. セミナー講師のための三脚の立て方と選び方

  4. 映像クリエイターのためのビデオカメラ設定

  5. 思わず最後まで見てしまう 映像のつかみとは

  6. インタビューは正面で撮らない その位置とアングルとは

  7. 音楽PV、ハリウッド映画に学ぶ ギャップの法則とは

  8. セミナー講師のためのマイクの選び方

人気の講座

  1. 【アフターエフェクト基本】文字レイヤーを中央に配…
  2. アフターエフェクトで文字にキラリと光るレンズフレ…
  3. アフターエフェクトで文字を書き順で一文字ずつ出現…
  4. アフターエフェクトで文字に流れる光のアニメーショ…
  5. アフターエフェクトで文字に金属のようなツヤと光を…
  6. アフターエフェクトで分厚い立体感のある文字アニメ…
  7. アフターエフェクトの3Dレイヤー講座その1 文字…
  8. アフターエフェクトで文字が回転するアニメーション…
  9. アフターエフェクトで文字を一文字ずつフェードイン…
  10. アフターエフェクトで文字を一文字ずつ出現させるア…