アフターエフェクトで文字を書き順で一文字ずつ出現させる方法

アフターエフェクトは様々な文字アニメーションを作成することができますが、中でも日本語の文字アニメーションで人気なのが書き順通りに文字が出現するアニメーションです。

書き順の文字出現アニメーションはAfter Effectsのペンツールを使って、書き順をなぞります。

文字の出現は一文字ずつ、または全ての文字を一斉に書き順通りに出現させることもできます。

このエントリーで詳しく解説しますので、ぜひ挑戦してみましょう。

アフターエフェクトで文字を書き順で一文字ずつ出現させる方法

この動画ではゲーム機のロゴ文字を書き順通りに出現させる手順について解説してくれています。
動画前半では基本的な書き順アニメーション、動画2分50秒以降では書き順アニメーションをさらに細かくカッコよくするためのテクニックを解説してくれているのでぜひ視聴してみましょう。

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

それでは早速After Effectsで書き順で一文字ずつ出現するアニメーションを作成します。

まずはテキストと平面を作成します。

作成方法が分からない方は下記ページを参考にしてください。

平面の作成方法
テキストの作成方法

テキストはアルファベットのほうが難易度が低いです。

細かい「はね」や「はらい」、「とめ」のある教科書体や正楷書体が難しくなります。

入力した文字にペンツールでマスクを描きます。

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

After Effectsのツールバーのペンツールを選択します。

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

次にレイヤーパネルのテキストを選択されているか確認します。

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

文字にマスクを書きます。

この時書き順を間違えないように注意しましょう。

書き順を調べることができる便利なサイト⇒漢字の正しい書き順(筆順)

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

マスクの色が分かりにくい場合は色を変えましょう。

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

マスクはペンツールでモニターの文字の上に打つと線でつながります。

線を引いて次の線を引く場合は、①いったんレイヤーパネルの何もないところをクリックするとマスクが切れます。

②つぎにレイヤーパネルのテキストを選択します。

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

テキストを選択しないでペンツールを打つとシェイプレイヤーが作成されてしまいます。

もしシェイプレイヤーが作られてしまったら、削除してテキストを選択してマスク作成を続けます。

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

このような曲線の場合は両端にマスクを打つだけではなぞれません。

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

細かく打って、なるべく文字線の中心にマスクを描きます。

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

文字全てをなぞったら、次はテキストを選択した状態で「エフェクト」⇒「描画」⇒「線」を選択します。

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

するとエフェクトコントロールパネルに線のプロパティが開きます。

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

線のプロパティのブラシのサイズを大きくすると、マスクの線が太くなります。

また、ブラシの固さを100%にします。

そして「すべてのマスク」にチェックを入れます。

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

文字の輪郭が覆われるようにマスクのサイズを調整します。

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

タイムラインインジケーターをアニメーション開始地点に移動し、線のプロパティ内にある「終了」の値を0.0にしてストップウオッチのアイコンをクリックします。

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

次にアニメーションの終了位置にタイムラインインジケーターを移動し、終了の値を100.0%に変更します。

これでとりあえず文字が書き順通りに出現するようになります。

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

再生してみて、はみ出ているところを微調整する必要があります。

アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

ペンツールを使用してマスクの位置を調整すれば完成です。

アフターエフェクトで文字を書き順で一文字ずつ出現させる方法 まとめ

こんな感じです!

冒頭で紹介した動画には文字が描かれていくアニメーションをさらにブラッシュアップする手順も解説してくれているのでぜひ合わせて視聴してみましょう。

アフターエフェクトの文字を動かす基礎講座 目次に戻る

講師・企業のブランド力を飛躍的に引き上げる動画テンプレート

素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます

被写体をカリスマ化させる動画収録・編集講座

被写体をカリスマ化させる動画収録・編集講座で学べること

  • 音楽PV、ハリウッド映画に学ぶギャップの法則
  • ドキュメンタリーは三部構成 そのストーリー構成
  • 思わず最後まで見てしまう映像のつかみ
  • 一瞬で惹きつけるためのBGM選び
  • 失敗、挫折シーンは作れる?ドキュメンタリー素材を作る方法
  • 等々、講師や経営者のカリスマ性を引き出し圧倒的なブランドを築くための映像制作技術が学べます。

    オンライン講座について詳しく見る

    関連記事

    1. アフターエフェクトの文字を動かす基礎が全て分かる!初心者必見の記事10…

    2. アフターエフェクトで文字が回転するアニメーションを作成する手順

    3. アフターエフェクトが使えるようになるために必要不可欠な5つの要素

    4. アフターエフェクト脱初心者ガイド「コンポジションパネルの基本テク」

    5. 【アフターエフェクト基本】文字レイヤーを中央に配置する手順

    6. アフターエフェクトのタイムラインをスムーズに再生する3つの方法

    7. MotionArray

      MotionArrayを契約してみましたよ!海外のAEテンプレートサイ…

    8. アフターエフェクトで文字にキラリと光るレンズフレアを適用する方法